フォルスクラブはネズミ講とは無関係

このところ少しずつ誤解する人が減ってきましたが、今でもフォルスクラブがネズミ講だと勘違いしている人がいます。改めてネズミ講とは何か、そしてフォルスクラブがネズミ講とは無関係であると断言できるのか、その理由についてしっかりと解説させていただきます。

ネズミ講とはどのようなものですか
日本では昔、ネズミ講が大流行したことがあります。
親ネズミが子供をたくさん産むように、次々と自分の下に会員を増やす仕組みです。
商品は何もなく、ただ会員を集めることでお金が儲かるので、多くの人が騙されました。
お金だけでなく、友達を無くした人も少なくないです。
ネズミ講とは、誰かを騙すことによって設けるシステムなのです。

フォルスクラブには魅力的な商品がある
まずフォルスクラブがネズミ講と決定的に異なる点があります。
それは魅力的な商品があるということです。
ここでは詳しく書きませんが、フォルスクラブの教育システムは革新性が高い商品です。
単純に会員を増やして儲けるネズミ講とは違います。
この点は、とても重要なことです。

フォルスクラブを販売できる会員は限られている
実は、フォルスクラブを売る権利は、誰でも手に入れられるものではありません。
フォルスクラブを購入したからといって、売る権利が手に入らないのです。
それは、どうしてか。
ネズミ講のような金儲けの手段として大きくなるのが好ましくないと分かっているからです。
最初に書いた通り、フォルスクラブには魅力的な商品があります。
良い商品を広めることで紹介料を貰うことは当然ですが、その権利は全ての人に与えられません。
フォルスクラブを売る権利は、プレミアム会員のみの特典なのです。

フォルスクラブの会員はネズミ講のように連鎖しない
ネズミ講では、次々と紹介者が紹介者を生む仕組みになっています。
紹介すればするほど儲かるのですから、みんなが競い合って会員を集めます。
しかし、フォルスクラブでは、そんな状態になるのを阻止する制度設計がされています。
さきほど紹介したプレミアム会員が、その制度です。
次々と連鎖するからこそ、金儲けの手段になるので、それをストップさせているのです。
商品が良いから出来ることですが、あえて販売スピードを抑える方法をとっています。
多くの人が売る方が多く売れるのは当然ですが、そうしていません。
このような仕組みを取り入れるのは、フォルスクラブにとっても大きな決断だったと思います。
でも、ネズミ講のような仕組みにならなくて、本当に良かったです。
誰かを騙す手段に、フォルスクラブが利用されたくないですから。

 

このようにフォルスクラブはネズミ講とは無関係です。それどころか、ネズミ講のような仕組みにならないように、しっかりと販売方法を制限して、商品の魅力だけで販売数が増えるような取り組みをしています。プレミアム会員という仕組みがどういうものであるかを、もっと多くの人たちに知ってもらいたいです。

世の中で言われているねずみ講とフォルスクラブのシステムとではどこが大きく違うか

【定年後の親の仕事に反対する子供】

自分の親がフォルスクラブの商売を始めることに反対する子供は多いです。
ここでいう親は60代で、子供は30代となりますが、
他に例えるべき用語が思いつかないのでこのままで通します。
そしてフォルスクラブの商売に反対する理由は「儲かる保証がないから」になります。
むしろ、儲かる保証がある商売などこの世にひとつたりとも存在しないでしょう。
「定年後にラーメンの屋台を開く」
「定年後に農業を始める」
こういったことを親が言って困惑する子供は非常に多いです。

 

【ねずみはみんな平等】
フォルスクラブはねずみ講と良く言われていますが、大きく違います。
むしろ、「ねずみ講」のシステムにねずみの名を付けるのは
本物のねずみに失礼な気がすると筆者は考えます。
一般的なねずみ講は自分が王様になって不労所得を得るものです。
王様の下に貴族が居て、その下に農民が居て、その下に奴隷が居る感じです。
実際に働くのは奴隷であり、その上に居る全員が楽をします。
倍々ゲームで増えていくところがねずみの繁殖力に近くそれ故、
ねずみ講と呼ばれますが、実際にねずみはそんな風に増えません。
ねずみの種類によりますが繁殖力が高い種は年中出産します。
そして生まれたばかりのねずみは僅か1ヶ月で出産適齢期になります。
そしてねずみの寿命は約3年であり、一生の間に何度も出産します。
つまり、ねずみは最初の王様も奴隷と同様に働いているのです。
むしろそうした上下関係など一切なく(でも家族などの仲間意識は強い)、
全てのねずみが平等に働いているのです。

 

【フォルスクラブの商売方法はとても普通】
フォルスクラブの商売方法には奴隷は居ません。
王様が一人であくせく頑張っています。
吸血鬼みたいに仲間を増やすことはしないのです。
世の中で言われているねずみ講は吸血鬼のように倍々で数を増やしていくため、
法律によって明確に禁止されていますが、
フォルスクラブの商売方法は一人が頑張るだけなので
法律によって許可されているのです。
と言うより、普通の商売方法になります。
八百屋で野菜を売るのと全く変わりません。
違いを挙げるなら、八百屋と言うお店を持たず、
訪問販売をするといった違いでしょうか。
訪問販売されるのが嫌いな方は多く、
そういった意味でフォルスクラブの商売を嫌っている方は少なくないかもしれません。

 

【龍雲丸や方久のようなもの】

大河ドラマで龍雲丸が言っていたセリフ、
「お侍さんは泥棒だ」はかなり印象深い言葉です。
しかし実際にはお侍さんにも仕事はあります。
治安を守る、住民の仕事を取り仕切るという仕事をしています。
決して毎日昼寝してグータラ遊んで過ごしている訳ではありません。
ただしそのように過ごしている貴族はそれなりに居たかもしれません。
大量の小作人を抱える地主などは割とそういう風に過ごしているかもしれませんね。
それゆえ、こうした不労所得を悪と考える方は多いと思います。
特にねずみ講の頂点は正にそうしたものでしょう。
本人は最初に種を蒔くだけで、掛けた労力は時給950円にも達しません。
それでいて数千万円の利益を上げては、国も怒るというものです。
全員が儲かるなら誰も文句は言いませんが、儲かるのは上位の1%だけで、
残りの99%全員は損をしてしまいます。
ねずみ講は誰が見ても悪なのです。
しかし、フォルスクラブの商売方法はねずみ講ではありません。
例えるなら龍雲丸や方久のようなものです。
当人ひとりが頑張ってお金を稼ぎます。
もしもフォルスクラブの商売方法がねずみ講に似ていると言っている方が居たら、
その方は商売を一切したことがないのかもしれませんね。
家に「新聞の勧誘に来ました~」と言われただけで
「ねずみ講」だと騒ぐようなものです。

 

【フォルスクラブは無形物質】

フォルスクラブをねずみ講と勘違いしているのは、
売っている物が無形物質だからかもしれません。
ゲームで例えるなら、パッケージ販売ではなくダウンロード販売です。
本で例えるなら、紙媒体の教科書ではなく電子書籍です。
ねずみ講は「権利を売る」という無形物質になりますので、
同じ無形物質であるフォルスクラブをそういったものと勘違いしている恐れがあると言えます。
もしもフォルスクラブが完全無料でしたら誰もねずみ講だと騒ぎませんでしたが、
残念ながらフォルスクラブは有料の商材です。
ねずみ講はメンデルの遺伝の法則のように、
P→F1→F2→F3と無限に増やしていきます。
フォルスクラブの商売方法はP→F1オンリーです。
しかし売られる方からしたら、それがF1なのかF2なのか一切分かりません。
そしてねずみ講はほぼ全て「親しい知人に向けての訪問販売」になります。
フォルスクラブの商売方法は正にそれです。
被害の広げ方がねずみ講と大きく違いますが、
売られる方からしたら全く同一のものとして見ています。
世の中で言われているねずみ講とフォルスクラブのシステムは大きく異なりますが、
ファーストコンタクトだけは同一のものとなります。