フォルスクラブがMLM企業と勘違いされる理由

フォルスクラブがMLMなのか?
よくフォルスクラブはMLM企業と勘違いされますが、違うものといって良いでしょう。MLMというのはマルチレベルマーケティングの略で、別にこれ自体は違法でも何でもありません。一つの商品販売システムで、よく言われるマルチというものとは別物と考えるべきものです。会員が商品を販売するというスタイルがこのMLMとなるのですが、そのためには、フォルスクラブではプレミアム会員とならなければ出来ないので、一般の人がすぐに会員となって販売できるMLMとは異なるというわけです。MLMが駄目というわけではありませんが、そのようなシステムにはなっていないということ。

 

フォルスクラブはマルチなのか?
フォルスクラブはマルチではありません。マルチというのは連鎖販売というシステムの事で、組織として販売をするということで、別にこのシステムそのものには違法性はありません。ただ、販売する時に会員登録というシステムを使って販売員を獲得した時に上にその報酬が行くというようなシステムを採用して、際限なく人を加入させると報酬が発生するというような事をすると違法性が出てくる可能性が出てくる事になります。なお、「組織ではない販売方法」は今の世の中、ほとんど浸透していません。農場で直接商品を仕入れ、かつ、仕入れた人がそれを消費するくらいでしょう。今の世の中、あらゆる商売は「複数を意味する」マルチと言えそうです。

 

フォルスクラブはねずみ講なのか?
フォルスクラブはねずみ講ではありません。ねずみ講といものには販売する商品はなく、人を勧誘していく事で入会金獲得し続けるというモノで、際限なく人を加入させることであたかも利益が必ず出てくる事になるかのごとくに見せかけるというものですから、これとは全く違うという事になります。フォルスクラブはインターネットを活用しての教育サービスなどを提供しているので、入会金で利益を上げるというようなことは全くしていないわけです。

 

フォルスクラブに違法性は無いのか?
フォルスクラブに違法性はありません。MLM企業と似ているという事で非難をされるような事が無いわけではありませんが、これは誹謗中傷の類という事になります。一部でMLMのような仕組みが無いわけではありませんが、MLMそのものは違法でも何でもありません。ピラミッド型の組織があって、上が儲かる仕組みがおかしいという人がいますが、それを言うと日本企業の全てがそうなっていて、組織があるところは全て違法という事になってしまいます。組織がピラミッド型になるのは、人を管理する上では当然の事であって、逆三角形の組織では人を管理しているのではなくなってしまう。そして、上の者が報酬が高くなるという事は当然であって、下の者が高い報酬という事になれば、何のために働いているのか、組織の上に行って大きな責任を背負うのかという事が分からない事になってしまいます。ですから、違法かどうかという事はこの三角形の組織とは関係ないという事を知っておく必要があります。違法な組織というのは、ねずみ講のように無限に加入者がいるかのように感じさせて、入会金をせしめるような事をいうのです。

MLMとフォルスクラブの関係について

【MLMとフォルスクラブ】
MLMとはマルチレベルマーケティングの略称で、マルチ商法、連鎖販売取引などとも呼ばれます。会員が他の会員を勧誘すると報酬を得られるのが特徴ですが、ネズミ講とは異なり合法です。フォルスクラブには一般会員とプレミアム会員があります。一般会員になるためにはプレミアム会員から勧誘を受けるか、ホームページから登録します。プレミアム会員になるには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。新たに加入者を増やした場合には報酬が支払われます。フォルスクラブではサービスの利用者を増やすためにMLMの手法を取り入れています。MLMは商品やサービスを販売するための1つの方法です。合法とされており、問題はありません。

【MLMとネズミ講の違いについて】
MLMとネズミ講は混同されがちですが、両者には大きな違いがあります。まずMLMは合法で、商品やサービスを販売するための効率的な方法の1つです。ネズミ講は新規に会員を加入させると報酬が支払われますが、組織の末端の人たちが必ず損をするため違法とされています。MLMでは商品やサービスの販売が行われています。しかしネズミ講では会員と登録料を集めて分配するだけです。人口は有限なため、ネズミ講のシステムはいずれ破綻します。ネズミ講は商品やサービスの取引が存在しません。MLMは会員を加入させると報酬が支払われますが、最も大きな目的は商品やサービスの販売です。

【フォルスクラブの活動とは】
フォルスクラブではインターネットなど情報技術を活用して、様々な学習コンテンツの提供を行なっています。確かにサービスの利用者を増やすためMLMの手法を取り入れていますが、合法的な活動です。フォルスクラブでは様々な学習コンテンツを提供しており、一般会員になると1契約で5人まで利用できます。入会金は10000円で、月額利用料金は6000円です。リーズナブルな価格で様々な学習コンテンツを利用できるため、子供からご年配の方まで多くの利用者が存在します。パソコンやタブレット、スマートフォンを利用して、時間や場所を問わずに学習できる点がフォルスクラブのサービスの大きな特徴です。

【より良い学習環境を提供する】
フォルスクラブのサービスは居住地域を問わず優れた学習コンテンツを提供します。一般的に大都市周辺に居住しているほど、学習がしやすくなります。大都市には予備校や大型書店などが多数存在するため効率的な学習が可能です。一方地方都市では予備校や書店などの施設が少なく、効果的な教材を購入することもできない場合があります。eラーニングで学習を行えば、地域の状況に関わらずクオリティの高い学習コンテンツを利用できます。フォルスクラブでは、高校生向けの大学受験対策講座や一般人向けの資格試験対策講座などの学習コンテンツを提供しています。情報技術の活用により、居住地域を問わずより良い学習環境を提供することができます。

世の中で言われているMLMとフォルスクラブのシステムとではどこが大きく違うか

【もしもマルチ商法が禁止されたら】
もしもマルチ商法(multi-level marketing、以下MLMと略)が
禁止されたら世界はどうなると思いますか?
実は全てのMLMを禁止したら石器時代まで文明は遡ってしまうのです。
下手をしたら集落を作ることすら不可能になるかもしれません。

 

【キャベツは1人では作れない】

世の中で言われているMLMと正式な意味でのMLMは大きく違います。
世の中で言われているMLMはねずみ講だけを指している風潮がありますが、
真の意味でのMLMはかなり広義的。
まず、MLMは連鎖販売取引とも言います。
要は「生産者」→「仲介者」→「消費者」という形態になります。
現実ではこの仲介者を複数挟むことが多いです。
例えばキャベツ。
農家が作って、運送会社が運んで、市場でセリにかけられ、
スーパーに並んで、ようやく私たちは買えます。
たった1個のキャベツですが数人の仲介者が関わっているのです。
これもMLMの一種になります。
MLMを禁止するということは、「生産者」→「消費者」しか認めないことになります。
地産地消しか出来なかったら、世界の文明はここまで発展しなかったでしょう。
余談ですが世界はもっと複雑であり、
「肥料を作る業者」「農作工具を作る業者」
「農民が生活するための道具を作る業者」なども存在し、
多種多様な人たちのおかげで成り立っています。
「生産者」→「消費者」と1ラインで説明しましたが、
こうしたラインは本当は人物相関図のようにもっと複雑なのです。
「生産者」→「加工者」→「消費者」と言えば分かりやすいでしょうか。

 

【フォルスクラブは独占できない】

今のフォルスクラブの販売システムはMLMですらありません。
「生産者」→「消費者」という関係になります。
正確には「生産者」→「家族みんな」になりますが、
流石に家族の間でログイン権を売り買いすることはないでしょう。
まさか「フォルスクラブ1プレイ100円」というシステムを
採用している家族は居ませんよね?
仮にフォルスクラブをゲームセンターの様に配置すれば、
MLM的に稼ぐことが可能ですが、
残念ながらフォルスクラブにそこまでのエンターテイメントを要求するのは不可能。
フォルスクラブがディズニーランド並に面白ければ、
1プレイ100円でも行列が形成されると思いますが、
フォルスクラブの遊戯レベルは良くてもテトリスレベルです。
筐体自体が月額6480円なので皆さん自分でフォルスクラブを買うでしょう。
ゲームセンターのようにフォルスクラブをMLMしたければ、
フォルスクラブを占有する必要がありますが、
フォルスクラブはネットワーク上に無限に存在していますので、
占有することは決して出来ないのです。

 

【フォルスクラブはねずみ講ではない】
「フォルスクラブはMLMだ」と騒いでいる方は居ますが、
それは昔の販売システムです。
一応、フォルスクラブは正式な意味でのMLMなので全く問題ありませんが、
それを発言した方は世の中で言われているMLMとして発言しています。
いわゆるねずみ講です。
しかし、フォルスクラブの昔の販売システムは、
ねずみ講と呼ばれる種類のMLMですらありません。
もう一度説明しますが、MLMは連鎖販売取引とも言い、
「生産者」→「仲介者」→「消費者」という形態を取ります。
しかしねずみ講はそうした形態を取りません。
ねずみ講は無限連鎖講とも言い、
「生産者」→「仲介者」→「仲介者」→「仲介者」→「仲介者」→・・・・
となります。
つまり終わりがないのです。
一昔流行った不幸の手紙のようなものです。
繰り返しますがフォルスクラブは
「生産者」→「仲介者」→「消費者」というシステムです。
必ず終わりが来ます。
その代で終わりが来ます。
世の中で言われているMLMとフォルスクラブは
根本的に異なるシステムなのです。

 

【言葉は間違って使われてしまう】

人間は深く推敲せず、思いついたまま悪口を言うことがあります。
「○○はMLMだ」というのが正にそれです。
そして多くの方がそれを「MLM=ねずみ講」と認知してしまいました。
そのおかげでMLMという言葉自体を忌避する風潮が生まれました。
しかしねずみ講以外のMLMはいくらでもあります。
新聞の勧誘とかは正にそれでしょう。
そして新聞の勧誘を嫌っている方は多いです。
新聞が嫌いなのではなく、訪問販売自体が嫌いなのです。
自宅に人が来ると、その間の自由な時間が奪われます。
たった数分ですが、毎日分刻みで生活している方は
そうした時間を奪われるのを極度に嫌がるのです。
「今日はポケーと何もしない時間が3時間ある」
という方でしたら訪問販売をむしろ歓迎しますが、
今の現代人はそうした暇を全くと言っていいほど持ちません。
「訪問販売は嫌い」「ねずみ講は訪問販売」
「ねずみ講はMLM」という図式が成立し、
MLMすべてを嫌う方が続出しているのです。
なお、訪問販売だけでなく電話営業も同様に嫌われています。
「フォルスクラブはMLMだ」と悪口を言う方は居ますが、
フォルスクラブはMLMではありません。
世の中は深く考えずに間違った悪口を使い続けてしまうものなのです。