フォルスクラブは上場と共に発展を続けます

フォルスクラブは通信教育の分野で拡大を続けている企業です。英語教育に強い通信教育の会社として多くの方が活用しているフォルスクラブは、業績の拡大に伴い香港市場へ上場をすることになります。上場するまでに至ったのは、フォルスクラブが多くの方に高い信頼を得ている証拠でもあり、今後も高い期待を得ている証拠です。子供から大人まで幅広く利用しているフォルスクラブのサービスはネットを活用した手軽な学習が魅力になっています。上場することで、今後も一層の業務拡大を進めていくようになり、より使いやすいサービスの提供を進めていくようになる予定です。英語を包括的に学んでいくにも、学校だけの学習では効果が薄いものがあるのも実情でしょう。今後、上場していく予定のフォルスクラブの提供する学習形態はスマートフォンやタブレットを用いた効果的な学習方法を取っていて、24時間365日の間で自由な時間での学習を進めていくことが可能な点が多くの方に好評です。子供から大人まで幅広く活用出来る豊富なコンテンツで人気のフォルスクラブは、子供だけでは無く、家族全体で学習を行うことが出来る点も魅力になっている理由です。一契約で5人まで活用出来るフォルスクラブのネット学習で、家族全員が効率的に英語学習を進めていくことが出来るようになります。上場に至ることで、今後も多くのコンテンツを提供していき、より多くの方に活用される企業を目指していきます。月額6000円程度という低額の受講料で学んでいくことが出来るフォルスクラブで、家族全員が流暢な英語を学んでいくことが出来ることでしょう。上場していくことで、今まで以上に広報活動やサービスの開発にも力を入れていき、新しいコンテンツ制作にも力を入れていくようになれます。上場を控えるフォルスクラブでは、英語だけでは無く、包括的な学習カリキュラムが存在します。また、学習だけでは無く、日常で起きるトラブルにも柔軟に対応出来るための各種サービスもあります。水道や鍵関係のトラブルにスピーディに対応していけるようなサービスもフォルスクラブでは提供されています。上場を行うことで、既存の会員の方はどのような事業形態になるか不安を感じる方もいるのですが、上場したからといって、現状の姿勢を変えることは無く、今まで以上の使いやすいサービスの提供を進めていくようになっています。電車の移動中でも気軽に学んでいける教育サービスで多くの方が愛用しているフォルスクラブのコンテンツで、自分の足りない学習分野を自由に補填していくことができ、試験対策や大学受験に不安も無くなっていくようになります。幼児から大学生や社会人に至るまで、様々な方が愛用する教育コンテンツとしてフォルスクラブは上場後も研鑽を続けられます。自発的に学習を進める気分になれる楽しいコンテンツが豊富にあり、遊んでいる感覚で楽しく学習していけるのがフォルスクラブの魅力です。

フォルスクラブが上場するならどこになるか

【フォルスクラブと証券取引所】
フォルスクラブは日本の商材です。
もしもココが証券取引所に上場するなら、どこになるでしょうか?
日本の商材なので普通に考えると東京証券取引所になりますが、
もしかしたらそうならないかもしれません。
ニューヨーク証券取引所や上海証券取引所で
フォルスクラブが上場する可能性があるかもしれません。

 

【フォルスクラブとは】
フォルスクラブはいくつものコンテンツが収録されている
マルチ型の通信教材になります。
一般的な通信教材は「英語のみ」
「小6の国語算数理科社会のみ」といったものが多いですが、
フォルスクラブはそれらをまとめて含み、
いくつものスタイルで勉強させることが出来る教材になります。
フォルスクラブで英語を勉強すれば
ニューヨークに行くことも不可能ではありません。
流石に中国語には対応していませんので、上海に行くのは難しいですが、
英語さえマスターすれば中国旅行はある程度可能でしょう。
ロールプレイングゲーム、恋愛ストーリー、ホームドラマ、
講義、テキスト集、単語集など色々な方法で
英語を学べるのがフォルスクラブの強みです。

 

【東京証券取引所】

東京証券取引所は日本最大の金融商品取引所です。
もちろん日本には東京証券取引所以外の証券取引所がありますが、
東京証券取引所がシェアの大部分を占めているのが現状。
かつて日本の三大市場と呼ばれていた
名古屋証券取引所のシェア率はたったの0.02%です。
他にも札幌証券取引所や福岡証券取引所がありますが、
日本で上場を考えるならば東京証券取引所以外ないでしょう。
場所的に本社が名古屋、札幌、福岡に近いのなら
そこでの上場もありかもしれませんが、フォルスクラブの本社は大阪。
支店も東京です。
現在、大阪取引所は東京証券取引所と合体しているため、
やはりフォルスクラブは東京証券取引所に頼らざるを得ないでしょう。

 

【ニューヨーク証券取引所】


ニューヨーク証券取引所は世界最大の証券取引所として知られています。
東京証券取引所の取引額が530兆円に対し、
ニューヨーク証券取引所は2050兆円と4倍差の開きがあります。
ではフォルスクラブはニューヨーク証券取引所に上場することは
可能なのでしょうか。
確率は非常に厳しいものがありますが、決して0ではありません。
現在、ニューヨーク証券取引所には13もの日本の企業が上場しています。
ただしその13すべてが超一流の企業であり、
フォルスクラブのような企業が参入できる可能性は限りなく低いと言えます。
上場の条件はいくつかありますが、
ニューヨーク証券取引所に上場するなら最低でも資本金は1000億円、
売上高は1兆円を超えたいところですね。
日本国民の50人に1人がフォルスクラブをやれば、
それくらい稼げるかもしれませんね。

 

【上海証券取引所】


上海証券取引所はどうでしょうか?
こちらもニューヨーク証券取引所のように日本の企業が上場できるのでしょうか?
結論は「できません」。
上海証券取引所は外国の上場を認めていないのです。
上場するなら最低でも中国本土に本社を置く必要があると言えるでしょう。
日本の企業が東南アジアの諸外国で上場できる国(証券取引所)は、
韓国、シンガポール、香港あたりです。
フォルスクラブが日本以外の東南アジアで上場するなら、
そうした国に行く必要があるでしょう。

 

【外国で上場する理由】
外国の証券取引所で上場する利点はいくつかあります。
簡単に言えば、購買層を広げることが可能です。
東京証券取引所も海外に住む方が
海外に居ながらにして銘柄を買うことが出来ますが、
国をまたぐため手数料の方はかなり高くなります。
しかし自国の証券取引所を利用することができれば、
その手数料は自国の銘柄を買うのと同じ程度になります。
買いやすさに関しては段違いと言えるでしょう。
証券取引所は「市場」とも言われており、
市場を広げることは買い手を付きやすくことに繋がります。
フォルスクラブの株も日本だけでなく海外にまで市場を広げれば、
購入者は劇的に増加するでしょう。

余談ですが、上場の条件は証券取引所ごとに異なります。
日本では上場できなくても、香港なら許可が下りることもあります。
一例を挙げるならパチンコ業界です。
国によって絶対に上場が認められない業種は、
外国の証券取引所を利用することがあるのです。
でもフォルスクラブはパチンコ関係ではありませんので、
普通に東京証券取引所を利用できます。
あとは実績を積み重ねれば上場の審査は通りますが、
その実績を積み重ねるのが大変です。
先も述べましたが、国民の50人に1人がフォルスクラブを
やるようにならないと難しいでしょう。