フォルスクラブの香港市場でも注目されているLEARNING EYES

【香港での英語学習】

香港でも日本と同様に、英会話を学んでいる方は大勢います。
将来のために、ビジネスのためにと一生懸命勉強しています。

 

【自宅にいながら英会話】
フォルスクラブは香港市場でも注目されているLEARNING EYEがあります。
これは自宅にいながら英会話を学べるコンテンツです。
通常の英会話の授業となると、
英語が話せる教師のクラスに所属するか
マンツーマンで教えてもらうものです。

 

【画期的な英会話】
ですが、フォルスクラブの香港市場でも
注目されているLEARNING EYESは、
映像による画期的な方法で英会話を学んでいきます。
LEARNING EYESでは英会話の劇などの映像を見ながら、
英会話を耳で聞きます。
さらに会話内容が文字として出てくるので、目でも覚えるのです。
耳と目で覚えられる画期的なコンテンツだと、
フォルスクラブは香港市場でも注目されています。

 

【利用できる条件】

フォルスクラブが香港市場でも注目されているのは、
香港に進出したら英会話教育に影響を与えると考えられているからです。
リーズナブルな料金で学べ、
インターネットが使えれば勉強できるのがフォルスクラブです。
より多くの方が気軽に英会話を学べるようになるので、
英会話が出来る人の数が増えます。
さらに、従来の英会話教育を行っている教室などに大きな影響を与えると、
フォルスクラブは香港市場で注目されているのです。

 

【香港市場に進出することによる影響】
フォルスクラブが香港市場に進出することで、
香港での英会話の教育に様々な影響を与えることでしょう。
英会話が出来る人が増えるだけでなく、
フォルスクラブの存在が他の英会話の教室や教材に影響を与えて
クオリティが更に上がる可能性もあります。
フォルスクラブの香港市場でも注目されているLEARNING EYESなら、
それらが可能なのです。

フォルスクラブと中華料理店の香港市場の関係

【フォルスクラブと中華料理店】
香港市場(ほんこんしじょう)と言ったら
香港にある証券取引所を指すことが多いです。
一方で香港市場(ほんこんいちば)と言ったら、
香港にある食品を扱うマーケットをイメージする方が多いでしょう。
露店が並んでいてたくさんの素材、料理が売買されています。
でも今回紹介する香港市場は日本にある中華料理店。
食べログやホットペッパーグルメ、
ぐるなびにも紹介されている中国料理店のことです。
その中華料理店とフォルスクラブの関係性を見ていきたいと思います。

 

【香港市場とは】


香港市場のイメージとしては中華料理屋さんと
居酒屋さんがセットになった感じです。
昼はランチとして安価な中華料理を出す一方、
夜には飲み放題付きのコースを提供しています。
また香港市場は本格的な中華料理を謳っているだけはあり、
飲茶と点心のコースもご用意。
でも本場と違って自分でお茶を淹れることになると思います。
本場の飲茶と違って、新幹線のワゴンサービスみたいに
飲茶を運んできてはくれないようです。
香港市場は普通の居酒屋の様にコース料理が次々と出てくる感じです。
飲み放題なのでドリンクの種類は豊富。
焼酎やカクテルには特にこだわっているとのこと。
でも香港市場の飲茶コースでしたらお茶にもこだわってもらいたいところ。
熱いお茶が何種類あるか気になるところです。
ウーロン茶は確認できましたが、これってやはりコールドでしょうか?

 

【フォルスクラブとは】
中華料理とは打って変わってフォルスクラブは通信教材です。
インターネットに接続して様々なコンテンツを使って学習をします。
香港市場と違って営業時間はなく、
フォルスクラブは365日24時間いつでもログイン可能
年に1回くらいの頻度でメンテナンスがありますが、
それ以外の時間帯はいつでもフォルスクラブを使って勉強することが出来ます。
フォルスクラブは香港市場と違ってカロリーを摂取することは出来ませんが、
代わりに知識を蓄えることが可能。
大学受験に対する知識、高校の授業に付いていくための知識、
手話で話すための知識、留学に必要な英会話の知識などなど。
色々な学習をフォルスクラブですることが出来ます。

 

【フォルスクラブと香港市場の共通点】


共通点を探してみましょう。
まずは共に同じ日本国で営業している点です。
香港市場の名が付いていますが、香港では営業しておらず、
日本、特に首都圏を中心にお店を開いています。
フォルスクラブの東京支店の近くにも香港市場があるかもしれません。
三田店からフォルスクラブの大阪本社まではちょっと距離がありますが、
電車を使えば通えない距離ではないでしょう。
兵庫県から出稼ぎに来ている方も多いので、
大阪本社からの帰りに香港市場に行く方も居るかもしれませんね。

また、香港市場は英語での注文が可能かもしれません。
都市部の良いところにお店を構えていますので、
外国人客もそれなりに多い可能性があります。
それゆえ、フォルスクラブで学んだ英語を活かすことが出来るかも。
日本人っぽい肌の人がいきなり英語で
店員に話しかけると相手はビビるかもしれませんが、
もしかしたら英語できちんと受け答えしてくれるかもしれませんよ。
でも中華料理店なので中国語の方が詳しいかも。

 

【フォルスクラブで学べたら便利なコンテンツ】
香港市場を効率良く利用するためのコンテンツが
フォルスクラブにあったら便利だと思いませんか?
香港市場の予約サイトがフォルスクラブにあると便利ですが、
その他にも中華料理を食べるための所作をフォルスクラブで学べたら、
かなり面白いでしょう。
香港市場では本場の飲茶は出ませんが、
基本的な中華料理の食べ方は知りたいところ。
特に初めて小龍包を食べた方はその熱さでヒーヒー言うこと間違いなし。
香港市場のメニューは全部日本語で書いてあるので大丈夫ですが、
本気で本格的な中華料理店は全メニュー中国語。
ラーメンを頼んだと思ったら、カタヤキソバが出てくることもありますよ。
そういう意味では、フォルスクラブで中国語を学べたら便利と言えるでしょう。
香港に海外旅行するためにも、飲茶の作法は学びたいところですね。

 

【香港市場に行きませんか?】


香港市場は様々なメニューが用意されています。
牛ヒレ肉の鉄板焼き、えび貝柱いかのXO醤炒め、
カニツメの揚げ物などどれも絶品です。
街の500円程度で食べられる中華料理屋さんに飽きた方は、
是非とも香港市場を利用してみましょう。