マルチ商法とフォルスクラブの異なる販売方法とは

【2種類のサービスついて】
フォルスクラブは幼児向けの音感教育システムから大学受験対策講座や資格試験対策講座など、情報技術を活用して様々な学習コンテンツを提供するサービスです。コンテンツを利用するには一般会員になる必要があります。一般登録するにはプレミアム会員から勧誘を受けるか、ホームページで手続をします。プレミアム会員は新たな加入者を勧誘することで報酬を得ることができます。フォルスクラブには2種類のサービスが存在しますが、学習コンテンツを利用するだけならば一般登録でも十分です。優れた学習コンテンツを、情報技術を活用して提供するのがフォルスクラブの基本的なビジネスモデルとなります。

【マルチ商法とフォルスクラブの違い】
マルチ商法は商品やサービスを効率的に販売するための方法の1つです。会員が他の人を勧誘すれば報酬を得ることができますが、あくまで商品やサービスの利用者を増やすことが目的とされます。フォルスクラブではホームページで一般会員を募集しています。一方プレミアム会員になると、他の人を勧誘して報酬をもらうことができます。純粋なマルチ商法を行なっている企業とはことなり、2種類の方法で利用者を増やしています。フォルスクラブのプレミアム会員になるには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。一般会員であれば誰でも簡単に登録できますが、プレミアム会員の数はあまり多くありません。フォルスクラブではマルチ商法の手法も取り入れながら、効率的に利用者を増やしています。

【マルチ商法は合法です】
マルチ商法と似たビジネスモデルにネズミ講があります。ネズミ講は新規の加入者を勧誘すると報酬をもらうことができますが、商品やサービスの取引は行われません。新規の入会者からの登録料を既存の会員で分配するだけです。人口には限りがあるため、このシステムはいずれ破綻します。上層部の一部の人たちだけが得をするシステムなので、ネズミ講は違法とされます。一方マルチ商法も新規に会員を勧誘すると報酬をもらうことができます。しかしあくまで商品やサービスの利用者を増やすことが目的なので合法とされています。フォルスクラブにはプレミアム会員が存在し、サービスの利用者を増やすためにマルチ商法の手法を取り入れていますが合法です。

【効果的な学習環境を提供する】
フォルスクラブは一般的なマルチ商法企業とは異なり、情報技術を活用して優れた学習環境を提供することを主な目標としています。日本国内には大都市と地方都市の間で学習環境に格差が存在します。大手の予備校や大型書店などが多数存在する大都市周辺の方が大学受験や資格試験受験には有利です。しかし情報技術を活用すれば地域間格差を解消できます。フォルスクラブはマルチ商法の手法を取り入れながら利用者を増やしていますが、一般的なマルチ商法企業とは異なり優れた学習コンテンツの提供を主な活動目的としています。またプレミアム会員から勧誘を受けなくても、ホームページから一般会員に登録できます。