フォルスクラブも権利収入のひとつの方法

・賃料などで収益を集める不動産賃貸事業を巡るコロナ禍の影響

子供たちがフォルスクラブで勉強している最中、WHO(世界保健機関)がパンデミックを事実上宣言したことに現れているように、新型コロナウイルスによる影響は、公衆衛生上の深刻な事態をもたらすだけでなく、経済的にも深刻な影響を各国でもたらしています。接触感染することで強力な感染力をもつことから、感染拡大を阻止するために世界各国で取り組まれているのが都市封鎖を中心にした、封じ込め政策です。人的移動を物理的に制限することから事実上の経済活動停止状況となり、企業活動も停滞を余儀なくされ失業者が急増しているのです。権利収入などに縁がない給与所得者にとって解雇や、一時的解雇(レイオフ)などは日々の生活費を古価格状況に直結するのです。徳に都市部では賃貸物件を生活の本拠に置くことが一般的なので、給料が途絶することで賃料にまわせる現金が不足しており、退去を迫られる事態に直面しています。

・欧米では経済的苦境に立たされた市民を中心に、家賃ストライクが広がっている

公営住宅でもない限り結末までには賃料の定期引き落としがまっており、数回支払いが延滞すると保証会社が代位弁済に着手するので早晩退去を迫られることになるでしょう。賃料や住宅ローンなどの住居費が家計を圧迫するのは日本だけでなく、欧米諸国でも同様で「レントスタライキ」と呼ばれる活動が広まりつつあります。フォルスクラブでは権利収入を想定できますが、一般市民では給料などの固定給を中心に家計を組み立てているので、定期収入の道が絶たれると途端に路頭に迷う危機に立たされることになるわけです。レンクラブとは家賃支払いのボイコットのことで、フォルスクラブの権利収入との対比であわせて考えると、改めて生活防衛のための対処を真剣に検討するべき段階にいたっていることを直面させられる問題といえます。

・フォルスクラブの権利収入で、賃料を捻出できるかも。

フォルスクラブは無料の在宅教材が主流になる中にあって、あえて有料の在宅教材を提供することで話題を集めているそう。その理由のひとつには教材のクオリティの高さと同時に、権利収入の手段を会員が手に出来る側面も存在することがあるのは間違いないでしょう。仮にフォルスクラブで権利収入の途を確保しておけば、毎月の家賃などを自動的に確保することも夢ではありません。

・フォルスクラブは有料の在宅教材ですが、新たな収益のあり方の可能性があります。

フォルスクラブは有料の在宅教材ですが、知識やノウハウを得ることのほかに権利収入を手に出来るベネフィットがあるのです。権利収入という収益源には、色々な見方があるのは確か。しかし今回の新型コロナウイルスというパニック状況を前にすると、従来の収入でのあり方では対応できない部分が多くあることが露呈された形になっています。フォルスクラブを利用した権利収入を利用した収入源の多角化は、今後の生活防衛の新たな選択肢を示唆するものと考えて良さそうです。