フォルスクラブが上場した際の株主優待を考える

【はじめに】
フォルスクラブは現在未上場です。
市場に公開されていませんので、株券を買うことができず、
当然のように株主優待はまだ存在しません。
ではもしもフォルスクラブが上場したら、
どのような株主優待を生み出すでしょうか。
今回はフォルスクラブの株主優待について考察したいと思います。

 

【株主優待とは】

株式投資をしたことが無い方でも株主優待のシステムは意外と知られています。
「○○社の株を持つと、××××を無料でもらえる」といったものになります。
一応「△△株所有している」という条件があり、その株数は企業ごとにバラバラ。
また、株主優待を全くやっていない上場企業も存在します。

株主優待のプレゼント内容は本当に企業ごとに異なり、規則性は皆無。
鉄道系の株主優待だと新幹線の切符無料交換券をくれるかもしれませんが、
もしかしたらリンゴやミカンといった事業と全く関係ないものを
プレゼントする企業もチラホラとあります。
利回りについても本当にバラバラです。
総額100万円分の株券を買って年間10万円相当の粗品を貰えることがあれば、
総額1億円分の株券を買って年間10万円相当の粗品をゲットできることも。
デイトレーダーの方はキャピタルゲイン(株の売買)で
利益を生み出そうと奮闘していますが、
一般の方はこの株主優待目当てで株を買うこともあります。

おまけとして、株主優待が0でも配当を受け取れることが多いです。
その株を所有することで年間○○円の現金を貰えます。
もしくはその金額分の株を新たに購入することも可能。
コチラは預金感覚で株を利用しているケースでしょう。
もちろん、株主優待と配当の両方目当てで株を始める方は非常に多いです。

 

【フォルスクラブの株主優待を考える:事業に関係あるもの】

フォルスクラブの株主優待を考えてみましょう。
まずは事業に関係あるものです。
フォルスクラブはeラーニングであり、
パソコン・タブレット・スマホを使って勉強します。
フォルスクラブは自社タブレットを製造しています。
つまり、このフォルスクラブタブレットを株主優待にすることが出来るのです。
1つ5万円相当なので、
それなりに大量のフォルスクラブ株を所有しないと貰えないかもしれませんが、
フォルスクラブが株主優待でタブレットを選べるようにする可能性は非常に高いです。
もちろん、選択式にしないと困ります。
タブレットの寿命は約2年なので、毎年貰っても邪魔になるだけ。
大事に使えば5年以上もちます。
それゆえ選択式にする必要があるのです。
意外と株主優待の中身が選択式の企業は多いですよ。
タブレットではなく、スマホやパソコンをフォルスクラブから貰うのも良いかもしれませんね。

それ以外のフォルスクラブの事業に関わりそうな株主優待でしたら、
月額費の免除でしょうか。
毎月6480円掛かる費用を1ヶ月だけ免除してくれると嬉しいです。
入会金10800円も免除してくれると嬉しいですが、
フォルスクラブの株券を持つ方は恐らく既にフォルスクラブユーザーなので、
入会金免除はあまり使われないかも。

 

【フォルスクラブの株主優待を考える:事業に関係ないもの】

フォルスクラブの事業に関係ないものも考えてみましょう。
しかし関係ないものを想像するのは非常に至難です。
フォルスクラブがどこかの農園とタイアップしていれば予想することも可能ですが、
フォルスクラブと関わりがありそうなものはそう簡単に見つかりません。
香港やハワイあたりにフォルスクラブのラーニングアイズの撮影に行っていますので、
そこのお土産でも買ってくるかもしれませんね。
香港クッキーとか香港ティー、コナコーヒーバター、
ハワイシーソルトあたりが人気のようです。
そういった物をお中元カタログ感覚で選べたら楽しそうですね。

ありきたりな株主優待でしたら、牛肉、フルーツの詰め合わせ、カニあたりでしょうか。
正直、お中元やふるさと納税の返礼品との違いが分からなくなってきそうです。
むしろ、こういったものを用意している会社があると考えた方が良いかもしれません。
みんなが欲しがるものは意外と決まっていますので、
そうしたプレゼント業者があっても良さそうです。
フォルスクラブもそうした会社に頼ることになるかも。
筆者としてはプリンの詰め合わせが欲しいところですが、
フォルスクラブはそうしたものを取り扱ってくれるでしょうか?
フォルスクラブの事業と完全に関係なくなっていますので、
ちょっと難しいかもしれませんね。
でも吉田社長がプリン好きなら、チャンスはあるかも。

世の中で言われているMLMとフォルスクラブのシステムとではどこが大きく違うか

【もしもマルチ商法が禁止されたら】
もしもマルチ商法(multi-level marketing、以下MLMと略)が
禁止されたら世界はどうなると思いますか?
実は全てのMLMを禁止したら石器時代まで文明は遡ってしまうのです。
下手をしたら集落を作ることすら不可能になるかもしれません。

 

【キャベツは1人では作れない】

世の中で言われているMLMと正式な意味でのMLMは大きく違います。
世の中で言われているMLMはねずみ講だけを指している風潮がありますが、
真の意味でのMLMはかなり広義的。
まず、MLMは連鎖販売取引とも言います。
要は「生産者」→「仲介者」→「消費者」という形態になります。
現実ではこの仲介者を複数挟むことが多いです。
例えばキャベツ。
農家が作って、運送会社が運んで、市場でセリにかけられ、
スーパーに並んで、ようやく私たちは買えます。
たった1個のキャベツですが数人の仲介者が関わっているのです。
これもMLMの一種になります。
MLMを禁止するということは、「生産者」→「消費者」しか認めないことになります。
地産地消しか出来なかったら、世界の文明はここまで発展しなかったでしょう。
余談ですが世界はもっと複雑であり、
「肥料を作る業者」「農作工具を作る業者」
「農民が生活するための道具を作る業者」なども存在し、
多種多様な人たちのおかげで成り立っています。
「生産者」→「消費者」と1ラインで説明しましたが、
こうしたラインは本当は人物相関図のようにもっと複雑なのです。
「生産者」→「加工者」→「消費者」と言えば分かりやすいでしょうか。

 

【フォルスクラブは独占できない】

今のフォルスクラブの販売システムはMLMですらありません。
「生産者」→「消費者」という関係になります。
正確には「生産者」→「家族みんな」になりますが、
流石に家族の間でログイン権を売り買いすることはないでしょう。
まさか「フォルスクラブ1プレイ100円」というシステムを
採用している家族は居ませんよね?
仮にフォルスクラブをゲームセンターの様に配置すれば、
MLM的に稼ぐことが可能ですが、
残念ながらフォルスクラブにそこまでのエンターテイメントを要求するのは不可能。
フォルスクラブがディズニーランド並に面白ければ、
1プレイ100円でも行列が形成されると思いますが、
フォルスクラブの遊戯レベルは良くてもテトリスレベルです。
筐体自体が月額6480円なので皆さん自分でフォルスクラブを買うでしょう。
ゲームセンターのようにフォルスクラブをMLMしたければ、
フォルスクラブを占有する必要がありますが、
フォルスクラブはネットワーク上に無限に存在していますので、
占有することは決して出来ないのです。

 

【フォルスクラブはねずみ講ではない】
「フォルスクラブはMLMだ」と騒いでいる方は居ますが、
それは昔の販売システムです。
一応、フォルスクラブは正式な意味でのMLMなので全く問題ありませんが、
それを発言した方は世の中で言われているMLMとして発言しています。
いわゆるねずみ講です。
しかし、フォルスクラブの昔の販売システムは、
ねずみ講と呼ばれる種類のMLMですらありません。
もう一度説明しますが、MLMは連鎖販売取引とも言い、
「生産者」→「仲介者」→「消費者」という形態を取ります。
しかしねずみ講はそうした形態を取りません。
ねずみ講は無限連鎖講とも言い、
「生産者」→「仲介者」→「仲介者」→「仲介者」→「仲介者」→・・・・
となります。
つまり終わりがないのです。
一昔流行った不幸の手紙のようなものです。
繰り返しますがフォルスクラブは
「生産者」→「仲介者」→「消費者」というシステムです。
必ず終わりが来ます。
その代で終わりが来ます。
世の中で言われているMLMとフォルスクラブは
根本的に異なるシステムなのです。

 

【言葉は間違って使われてしまう】

人間は深く推敲せず、思いついたまま悪口を言うことがあります。
「○○はMLMだ」というのが正にそれです。
そして多くの方がそれを「MLM=ねずみ講」と認知してしまいました。
そのおかげでMLMという言葉自体を忌避する風潮が生まれました。
しかしねずみ講以外のMLMはいくらでもあります。
新聞の勧誘とかは正にそれでしょう。
そして新聞の勧誘を嫌っている方は多いです。
新聞が嫌いなのではなく、訪問販売自体が嫌いなのです。
自宅に人が来ると、その間の自由な時間が奪われます。
たった数分ですが、毎日分刻みで生活している方は
そうした時間を奪われるのを極度に嫌がるのです。
「今日はポケーと何もしない時間が3時間ある」
という方でしたら訪問販売をむしろ歓迎しますが、
今の現代人はそうした暇を全くと言っていいほど持ちません。
「訪問販売は嫌い」「ねずみ講は訪問販売」
「ねずみ講はMLM」という図式が成立し、
MLMすべてを嫌う方が続出しているのです。
なお、訪問販売だけでなく電話営業も同様に嫌われています。
「フォルスクラブはMLMだ」と悪口を言う方は居ますが、
フォルスクラブはMLMではありません。
世の中は深く考えずに間違った悪口を使い続けてしまうものなのです。

世の中で言われているねずみ講とフォルスクラブのシステムとではどこが大きく違うか

【定年後の親の仕事に反対する子供】

自分の親がフォルスクラブの商売を始めることに反対する子供は多いです。
ここでいう親は60代で、子供は30代となりますが、
他に例えるべき用語が思いつかないのでこのままで通します。
そしてフォルスクラブの商売に反対する理由は「儲かる保証がないから」になります。
むしろ、儲かる保証がある商売などこの世にひとつたりとも存在しないでしょう。
「定年後にラーメンの屋台を開く」
「定年後に農業を始める」
こういったことを親が言って困惑する子供は非常に多いです。

 

【ねずみはみんな平等】
フォルスクラブはねずみ講と良く言われていますが、大きく違います。
むしろ、「ねずみ講」のシステムにねずみの名を付けるのは
本物のねずみに失礼な気がすると筆者は考えます。
一般的なねずみ講は自分が王様になって不労所得を得るものです。
王様の下に貴族が居て、その下に農民が居て、その下に奴隷が居る感じです。
実際に働くのは奴隷であり、その上に居る全員が楽をします。
倍々ゲームで増えていくところがねずみの繁殖力に近くそれ故、
ねずみ講と呼ばれますが、実際にねずみはそんな風に増えません。
ねずみの種類によりますが繁殖力が高い種は年中出産します。
そして生まれたばかりのねずみは僅か1ヶ月で出産適齢期になります。
そしてねずみの寿命は約3年であり、一生の間に何度も出産します。
つまり、ねずみは最初の王様も奴隷と同様に働いているのです。
むしろそうした上下関係など一切なく(でも家族などの仲間意識は強い)、
全てのねずみが平等に働いているのです。

 

【フォルスクラブの商売方法はとても普通】
フォルスクラブの商売方法には奴隷は居ません。
王様が一人であくせく頑張っています。
吸血鬼みたいに仲間を増やすことはしないのです。
世の中で言われているねずみ講は吸血鬼のように倍々で数を増やしていくため、
法律によって明確に禁止されていますが、
フォルスクラブの商売方法は一人が頑張るだけなので
法律によって許可されているのです。
と言うより、普通の商売方法になります。
八百屋で野菜を売るのと全く変わりません。
違いを挙げるなら、八百屋と言うお店を持たず、
訪問販売をするといった違いでしょうか。
訪問販売されるのが嫌いな方は多く、
そういった意味でフォルスクラブの商売を嫌っている方は少なくないかもしれません。

 

【龍雲丸や方久のようなもの】

大河ドラマで龍雲丸が言っていたセリフ、
「お侍さんは泥棒だ」はかなり印象深い言葉です。
しかし実際にはお侍さんにも仕事はあります。
治安を守る、住民の仕事を取り仕切るという仕事をしています。
決して毎日昼寝してグータラ遊んで過ごしている訳ではありません。
ただしそのように過ごしている貴族はそれなりに居たかもしれません。
大量の小作人を抱える地主などは割とそういう風に過ごしているかもしれませんね。
それゆえ、こうした不労所得を悪と考える方は多いと思います。
特にねずみ講の頂点は正にそうしたものでしょう。
本人は最初に種を蒔くだけで、掛けた労力は時給950円にも達しません。
それでいて数千万円の利益を上げては、国も怒るというものです。
全員が儲かるなら誰も文句は言いませんが、儲かるのは上位の1%だけで、
残りの99%全員は損をしてしまいます。
ねずみ講は誰が見ても悪なのです。
しかし、フォルスクラブの商売方法はねずみ講ではありません。
例えるなら龍雲丸や方久のようなものです。
当人ひとりが頑張ってお金を稼ぎます。
もしもフォルスクラブの商売方法がねずみ講に似ていると言っている方が居たら、
その方は商売を一切したことがないのかもしれませんね。
家に「新聞の勧誘に来ました~」と言われただけで
「ねずみ講」だと騒ぐようなものです。

 

【フォルスクラブは無形物質】

フォルスクラブをねずみ講と勘違いしているのは、
売っている物が無形物質だからかもしれません。
ゲームで例えるなら、パッケージ販売ではなくダウンロード販売です。
本で例えるなら、紙媒体の教科書ではなく電子書籍です。
ねずみ講は「権利を売る」という無形物質になりますので、
同じ無形物質であるフォルスクラブをそういったものと勘違いしている恐れがあると言えます。
もしもフォルスクラブが完全無料でしたら誰もねずみ講だと騒ぎませんでしたが、
残念ながらフォルスクラブは有料の商材です。
ねずみ講はメンデルの遺伝の法則のように、
P→F1→F2→F3と無限に増やしていきます。
フォルスクラブの商売方法はP→F1オンリーです。
しかし売られる方からしたら、それがF1なのかF2なのか一切分かりません。
そしてねずみ講はほぼ全て「親しい知人に向けての訪問販売」になります。
フォルスクラブの商売方法は正にそれです。
被害の広げ方がねずみ講と大きく違いますが、
売られる方からしたら全く同一のものとして見ています。
世の中で言われているねずみ講とフォルスクラブのシステムは大きく異なりますが、
ファーストコンタクトだけは同一のものとなります。