マルチ商法とフォルスクラブの異なる販売方法とは

【2種類のサービスついて】
フォルスクラブは幼児向けの音感教育システムから大学受験対策講座や資格試験対策講座など、情報技術を活用して様々な学習コンテンツを提供するサービスです。コンテンツを利用するには一般会員になる必要があります。一般登録するにはプレミアム会員から勧誘を受けるか、ホームページで手続をします。プレミアム会員は新たな加入者を勧誘することで報酬を得ることができます。フォルスクラブには2種類のサービスが存在しますが、学習コンテンツを利用するだけならば一般登録でも十分です。優れた学習コンテンツを、情報技術を活用して提供するのがフォルスクラブの基本的なビジネスモデルとなります。

【マルチ商法とフォルスクラブの違い】
マルチ商法は商品やサービスを効率的に販売するための方法の1つです。会員が他の人を勧誘すれば報酬を得ることができますが、あくまで商品やサービスの利用者を増やすことが目的とされます。フォルスクラブではホームページで一般会員を募集しています。一方プレミアム会員になると、他の人を勧誘して報酬をもらうことができます。純粋なマルチ商法を行なっている企業とはことなり、2種類の方法で利用者を増やしています。フォルスクラブのプレミアム会員になるには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。一般会員であれば誰でも簡単に登録できますが、プレミアム会員の数はあまり多くありません。フォルスクラブではマルチ商法の手法も取り入れながら、効率的に利用者を増やしています。

【マルチ商法は合法です】
マルチ商法と似たビジネスモデルにネズミ講があります。ネズミ講は新規の加入者を勧誘すると報酬をもらうことができますが、商品やサービスの取引は行われません。新規の入会者からの登録料を既存の会員で分配するだけです。人口には限りがあるため、このシステムはいずれ破綻します。上層部の一部の人たちだけが得をするシステムなので、ネズミ講は違法とされます。一方マルチ商法も新規に会員を勧誘すると報酬をもらうことができます。しかしあくまで商品やサービスの利用者を増やすことが目的なので合法とされています。フォルスクラブにはプレミアム会員が存在し、サービスの利用者を増やすためにマルチ商法の手法を取り入れていますが合法です。

【効果的な学習環境を提供する】
フォルスクラブは一般的なマルチ商法企業とは異なり、情報技術を活用して優れた学習環境を提供することを主な目標としています。日本国内には大都市と地方都市の間で学習環境に格差が存在します。大手の予備校や大型書店などが多数存在する大都市周辺の方が大学受験や資格試験受験には有利です。しかし情報技術を活用すれば地域間格差を解消できます。フォルスクラブはマルチ商法の手法を取り入れながら利用者を増やしていますが、一般的なマルチ商法企業とは異なり優れた学習コンテンツの提供を主な活動目的としています。またプレミアム会員から勧誘を受けなくても、ホームページから一般会員に登録できます。

MLMとフォルスクラブの関係について

【MLMとフォルスクラブ】
MLMとはマルチレベルマーケティングの略称で、マルチ商法、連鎖販売取引などとも呼ばれます。会員が他の会員を勧誘すると報酬を得られるのが特徴ですが、ネズミ講とは異なり合法です。フォルスクラブには一般会員とプレミアム会員があります。一般会員になるためにはプレミアム会員から勧誘を受けるか、ホームページから登録します。プレミアム会員になるには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。新たに加入者を増やした場合には報酬が支払われます。フォルスクラブではサービスの利用者を増やすためにMLMの手法を取り入れています。MLMは商品やサービスを販売するための1つの方法です。合法とされており、問題はありません。

【MLMとネズミ講の違いについて】
MLMとネズミ講は混同されがちですが、両者には大きな違いがあります。まずMLMは合法で、商品やサービスを販売するための効率的な方法の1つです。ネズミ講は新規に会員を加入させると報酬が支払われますが、組織の末端の人たちが必ず損をするため違法とされています。MLMでは商品やサービスの販売が行われています。しかしネズミ講では会員と登録料を集めて分配するだけです。人口は有限なため、ネズミ講のシステムはいずれ破綻します。ネズミ講は商品やサービスの取引が存在しません。MLMは会員を加入させると報酬が支払われますが、最も大きな目的は商品やサービスの販売です。

【フォルスクラブの活動とは】
フォルスクラブではインターネットなど情報技術を活用して、様々な学習コンテンツの提供を行なっています。確かにサービスの利用者を増やすためMLMの手法を取り入れていますが、合法的な活動です。フォルスクラブでは様々な学習コンテンツを提供しており、一般会員になると1契約で5人まで利用できます。入会金は10000円で、月額利用料金は6000円です。リーズナブルな価格で様々な学習コンテンツを利用できるため、子供からご年配の方まで多くの利用者が存在します。パソコンやタブレット、スマートフォンを利用して、時間や場所を問わずに学習できる点がフォルスクラブのサービスの大きな特徴です。

【より良い学習環境を提供する】
フォルスクラブのサービスは居住地域を問わず優れた学習コンテンツを提供します。一般的に大都市周辺に居住しているほど、学習がしやすくなります。大都市には予備校や大型書店などが多数存在するため効率的な学習が可能です。一方地方都市では予備校や書店などの施設が少なく、効果的な教材を購入することもできない場合があります。eラーニングで学習を行えば、地域の状況に関わらずクオリティの高い学習コンテンツを利用できます。フォルスクラブでは、高校生向けの大学受験対策講座や一般人向けの資格試験対策講座などの学習コンテンツを提供しています。情報技術の活用により、居住地域を問わずより良い学習環境を提供することができます。

フォルスクラブはネズミ講ではない

「フォルスクラブはいったいどんな会社なの?」
フォルスクラブは通信教育の教材を売っている会社ですが、ネズミ講ではありません。インターネットの掲示板などでは悪い評判も出ているようです。そのような悪い評判は鵜呑みにしないほうがいいです。フォルスクラブは比較的歴史がある会社です。最初は子供向けの通信教育の教材を取り扱っていましたが、現在は大人の資格取得などさまざまなジャンルの教材も取り扱っています。比較的歴史がある会社であり、少しずつ業務内容を拡大していっているように思います。DVDやビデオ教材も販売しています。最近ではスマートフォンやタブレットを利用した教材も出ているようです。

 

「フォルスクラブがネズミ講ではない理由」
そもそも、ネズミ講とはどのようなものでしょうか。詳細に理解をしている人は少ないと思われます。ネズミ講というのは完全に犯罪となってしまうものです。混同されやすいことばとしてマルチ商法があげられます。マルチ商法のほうは違法ではありません。こちらも気をつけるべきものですが、法律では禁止されていないものです。ネズミ講のほうは法律で禁止されていて、犯罪です。両者の違いはどこにあるのかについてまず説明します。

「ネズミ講とマルチ商法の違い」
ネズミ講というのは、なにもないところからお金を作り出そうとするものです。労働によってお金を作り出すのなら問題はないのですが、ほとんど詐欺のような手口を使っています。たとえば、とある倶楽部を作って会員を募集します。会員は月額会費を支払います。紹介をしたら紹介料をもらえます。先に会員になっていた人は得をするというシステムです。しかし、後から会員になった人はただ搾取をされるのみです。中身はなにもありません。マルチ商法のほうは、同じような仕組みをとっていますが、サービスや商品などの中身があります。

「フォルスクラブはどちらでもない」
フォルスクラブはというと、ネズミ講でもなければマルチ商法でもありません。噂によると、フォルスクラブはマルチ商法であると言われていました。しかしそれは根も葉もないデマでしょう。2チャンネルなどの掲示板に書かれていたこともあったようです。もしかしたら、フォルスクラブは紹介料という仕組みを取り入れていた時期もあるのかもしれません。一時的には紹介料をとって会員を増やしていたとします。しかし、アフィリエイトのように利用者に宣伝をしてもらって紹介料を支払うような仕組みは多くの会社にあります。フォルスクラブの信用を落とすような理由にはならないはずです。そもそも、怪しい会社ならばこれほど長く営業を続けられるはずがありません。日本は法治国家なので、法律を守っていない会社はすぐに潰れてしまいます。怪しい会社は潰れてはまた誕生するということを繰り返しています。フォルスクラブはそれなりに長い歴史がありますので、その意味では信用できる会社であると予想します。