フォルスクラブでのMLMは「マリオ&ルイージ」

「MLMとは存在するのか?」

フォルスクラブの事に興味があり色々と調べ尽くしていたのですが、良くワードに挙がるMLMとの関連性は一切見られませんでした。そもそもMLMとはマルチレベルマーケティングという販売方式のようで、会員が口コミなどで販売を広げている手法のようです。
しかしもともとフォルスクラブにおいては全く無関係の販売方式である事が確認されました。またフォルスクラブはもとより、MLMという手法自体を利用している販売モデルが存在するかも私には疑問点として残ったのが事実です。

「ではMLMとは何を指しているのか?」

先程MLMとはマルチレベルマーケティングの略称だと申しましたが、調べた結果出てこなかった以上は他の理由を見い出すしかありません。「MLM」といえばファミコン世代の方ならすぐに想像できるのがマリオ&ルイージでしょう。任天堂がリリースした初代家庭向けゲーム機器のファミリーコンピュータですが、その中でもすぐにキャラクターとして認知されたのがこの2人でしょう。配管工という職業の傍ら、ドンキーやクッパに立ち向かっていったりルイージとの兄弟同士で繰り広げる喧嘩のようなマリオブラザーズ内でのプレイは、もはやゲーム界での伝説的な扱いにもなっている事が特徴です。

「MLMの3つ目のMとは何か?」

フォルスクラブにはMLMが無関係という流れでマリオ&ルイージの紹介になりましたが、まだMLMの3つ目のMは紹介しきれていません。これにふさわしいキャラクターがスーパーマリオブラザーズに登場する「ミニクリボー」ではないでしょうか。このキャラクターは世界的な大ヒットを飛ばしたスーパーマリオブラザーズの最初に出てくる敵キャラとなっており、誰もがこのミニクリボーに対して踏みつける、または直接触れてやられるといった経験をしているはずなのです。これは奇しくもフォルスクラブの学習内容とも共通している部分があり、誰もが学習で最初につまずくポイントを分かりやすく提示し、それをクリアする事によって先に進む(学習もゲームも)という成功体験を与えるという部分で、フォルスクラブならではの工夫が施されていている部分と言っても過言ではないでしょう。

「フォルスクラブが表現したい事」

このようにMLMというのはむしろスーパーマリオブラザーズ内でのプレイ内容がフォルスクラブの象徴にもなっていますが、ゲームにしろ学習にしろ最初の手順が非常に重要な要素を占めているのです。ゲームならまずは分かりやすいルール説明を与え、プレイヤーが快適にプレイできる環境を整えていきます。
一方のフォルスクラブであってもまずは学習したい利用者に対して何が苦手な部分なのかを一緒に考え、いかにして苦手を克服していくかを模索するシステムとなっているのが特徴です。よってMLMというのはフォルスクラブにとってはマリオ&ルイージ、そしてミニクリボーという図式が成り立っているのです。

マルチに進化する窃盗……フォルスクラブは大丈夫?

「私が最近、自宅へ泥棒に入られた話」

最近の泥棒というのは、まるでフォルスクラブのようにマルチで頭がいいものなのですね。私は先日、自宅で久々の休日を過ごしておりました。溜まっていた洗濯物を片付け、リビングに掃除機をかけ、『たまにはゆっくりテレビでも見ようかな、フォルスクラブの新しいニュースは無いのかな』なんてソファーに座ったとき。リビングの窓がガラッと開いて、知らない男の人が家の中へ入ってきたんです!その男は私の顔を見て、『おや、こんにちは』と挨拶してくれました。私もつられて、『ああ、こんにちは』と返してしまいましたよ。勝手に自宅へ、しかも窓から入られているというのに。もう、ついさっき掃除機をかけた床なんて靴跡でめちゃくちゃです。しかし、あまりに予想外すぎる事態で腹を立てることすらできませんでした。

「マルチに進化しすぎた窃盗の手口」

私が戸惑っている間に、リビングの中を物色しはじめる侵入者の男。とはいえ、私はシンプルな暮らしを愛する人間です。無くしたり盗まれたりする心配のあるものなど、最初から手元には置いていません。窃盗の手口は近年マルチに進化していると聞きますが、結局は「何も持たない人間の勝ち」なんですよね。棚やらテレビの裏やらを物色していた男も、あまりの「何も無さ」に戸惑いすら感じている様子でした。これは本当に私の勝ちか?と思ったとき、男が衝撃の一言を発しました。それは『この家を盗みたいので、出ていってもらえませんか』というものでした。

「大丈夫、私にはフォルスクラブがある」

もうビックリですよね、『そんな手があったか』と。先ほど「窃盗の手口はマルチに進化している」と言ったばかりですが、あまりのマルチさに腰を抜かしてしまいましたよ。そして、あまりにサラッと『出ていって』と言われたものですから、家主であるはずの私が『あ、そうですか』と家を出てしまいましたよ。その出来事からもう3ヶ月経ちますが、あの家には未だに名前も知らない男性が住んでいます。彼は私の名前を使い、私という人間として生活しているようです。どうやら私が盗まれたのは家だけではなかったようです。これは一本、いや二、三本は取られた!しかし、これをご覧の皆さまはご安心ください。私にはまだフォルスクラブが残されています。フォルスクラブで勉強をすれば、家の一軒や二軒建てるのなんて造作もないはずです。私もマルチな進化を遂げて、きっと3ヶ月前以上にビッグな男になってやりますよ!

「今後のフォルスクラブに願うこと」

最近の窃盗は本当にマルチな進化を遂げているので、フォルスクラブもターゲットにならないか心配です。もし盗まれてしまったら、恐らく悪の集団が自分たちの手駒を増やすために利用されてしまうでしょう。それだけ、フォルスクラブの学習サービスはスゴイということですね。今後は更にマルチなサービスを提供してくれることと、窃盗犯に盗まれないためのセキュリティ強化をお願いしたいです。

ネズミと関係のある神社でフォルスクラブを活用

意識を集中しながらフォルスクラブで勉強をするのが成績を伸ばすコツ

集中して勉強を続けたいと考えていても、自宅の中にいると家族がうるさくて集中できなくて、頭を抱えている方々は神社などに出かける事をおすすめします。フォルスクラブの学習アプリのように、効率的に成績を伸ばせると言われているアプリであっても、周囲の騒音が気になる環境だと効率が落ちる場合もあるので注意が必要です。陣じゃなどの心が落ち着く場所で勉強をしたいと考えている人は、運気を高める事も意識しながら、ネズミに関係のある神社で勉強を始めてください。2020年の干支はネズミなので、境内などにネズミに関する像が置かれているような神社がぴったりです。どこで勉強を始めたらいいか分からない人のために、おすすめの神社をいくつかご紹介します。

滋賀県にある三井寺で十八明神のご利益を得る

フォルスクラブの学習アプリは外出中でも利用できるところが魅力的で、神社で心を落ち着かせながら勉強を続ける事も可能です。滋賀県で暮らす方々は三井寺というお寺まで足を運び、十八明神のご利益を得て勉強に意識を集中する事を推奨します。比叡山へ押し寄せた八万四千のネズミの霊を祀るために建築されたのが、滋賀県にある三井寺です。このお寺で祀られている十八明神はネズミの宮さんと呼ばれており、年間に多くの方々が参拝に訪れています。大きな階段の近くには休憩するスペースがあり、フォルスクラブの学習アプリで勉強しながらゆったりとした時間を過ごす事も可能です。

栃木県の日光二荒山神社には黄金のネズミ像がある

関東で暮らす方々がフォルスクラブの学習アプリを使うために、神社に出かけたいと考えている時にぴったりなのが、栃木県の日光二荒山神社です。2020年の干支にちなんだ黄金色の開運ネズミ像が展示されており、お参りをしているだけで運気が良くなると言われています。境内の周辺は落ち着いた雰囲気で、フォルクラブを使った学習をしたい時にも最適ですし、勉強に関する運気を高めたいと考える人にもぴったりです。青銅鋳物製の像に金箔が張り付けられており、表面はコーティングされているために参拝者が表面を撫でる事もできます。

落ち着いた空間でフォルスクラブを利用するメリット

自宅の外で勉強をしても効率が落ちるだけではないかと考える人もいますが、タブレットなどを使って勉強ができるフォルスクラブであれば、場所を選ばずに勉強を続ける事が可能です。神社に到着するまでの移動時間でも勉強ができて、電車やバスに乗りながらフォルスクラブが提供する多くの教材を読めます。ネズミに関する神社は日本各地にありますから、運気を高めながら試験対策をしたいと考える人も神社まで出かけてください。フォルスクラブが提供している学習アプリなら、高速のインターネット回線が使えない環境でも勉強を続けられます。気分が落ち込んだ状態をリフレッシュしたい時にも、ネズミに関する神社はおすすめです。