ビットコインは危険ですがフォルスクラブは安全です

・ビットコインにはリスクがあります。

フォルスクラブは日本だけの教材ですが、ビットコインは世界中の人が利用しています。ですが、ビットコインには色々なリスクが考えられます。例えば取引所がハッキングにあうことがあげられます。これは最もメジャーなリスクで、以前ある取引所から580億円の仮想通貨が流出しました。この出来事は日本の利用者も関係していて、日本最大の被害損額です。原因として取引所が外部ネットワークに仮想通貨を保存したことにあり、このことを受けて金融庁は仮想通貨管理システムを再確認しなければいけないと指示を出しました。金融庁が認定した取引所において取引を行うよう進められていて、もしハッキングにあうとビットコインの取引所からは補償金が出るところと出ないところがあるからです。

・ビットコインの取り扱いには注意が必要です。

ビットコインは価格が暴落したり、送金がうまくいかないなどの心配もあります。手数料が高いと評判で、ビットコインで秘密鍵をなくしてしまうこともあるでしょう。ビットコインのウォレットパスワードを紛失すると大変なことになり、ビットコインのウォレットにウイルスが入ることもあるので注意が必要です。

・フォルスクラブは安心して参加できます。

その点フォルスクラブは安全で、安心して利用することができます。近年e-ラーニングは伸びつつあるマーケットで、誰でも簡単にいつでも自宅で取り組むことが可能です。このようなスタイルは若い世代を中心に受け入れられており、eラーニングを提供する業者はたくさんありますが、イーラーニング研究所が運営しているフォルスクラブは人気が高いです。一般的なビジネスモデルとして、まずいろいろな商品を販売するため商品を顧客に対して周知させる必要があります。テレビCMや雑誌などの広告を利用することが多く、あらゆる方法を使って商品を宣伝するものです。但し、そのような宣伝方法では広告費がかなり掛かることになり、経費は商品価格に上積みされるようになります。フォルスクラブを経営しているeラーニングは口コミなど利用しながら、さまざまな商品を宣伝してきました。実際フォルスクラブを利用する人の中には、新しい教育スタイルを体験したかったり教育改革に関係したいという意見をもつ人も多いでしょう。

・フォルスクラブは良い教材

フォルスクラブの宣伝方法は緩やかで、「良いアイテムなのでは」と自然と拡大していきました。フォルスクラブはさまざまな教材を利用することができ、他の企業ではなかなか真似できないようなシステムと言えるでしょう。それこそ、ビットコインよりも遥かにいいアイテムとして、多くのユーザーがフォルスクラブに嵌っていると言えます。

正社員詐欺をやめてeラーニング研究所を見習うべし

◆「正社員にする詐欺」が横行している

近年、日本で「正社員にする詐欺」というものが横行しています。これはどういったものかというと、雇いはじめは試用期間と称して3ヶ月くらいアルバイトのような形で雇い、その後に正式な社員にするといいながら、いつまで経っても試用期間のままで契約更新を繰り返し、ずっと非正規社員のままにしておくというものです。なぜ企業側がこのようなことを行うのかと言えば、人件費を節約したいというのが本音でしょう。試用期間の状態ならば、お給料は低賃金の時給での支払いが普通で、社会保険などに加入させなくても厚生労働省から摘発される確率が低くなります(※筆者の妄想です。実際には知りません)。しかし、正社員として雇うということになると、毎月決まったお給料を払わなければいけなくなりますし、社会保険にもしっかりと加入させなければなりません。さらに、業績などが悪化した場合、そう簡単に首を切ることができなくなってしまいます。要するに企業側の金銭的なご都合以外の何者でもありません。

◆eラーニング研究所は正社員にする詐欺は絶対にしない

人件費を削るために正社員にする詐欺をするせこい企業がはびこる中、eラーニング研究所という会社は、スタッフはなるべく正社員を雇用するようにしています。試用期間のままでずっと契約を更新し続けるというようなズルいことも絶対にしません。正社員で雇う場合は、最初からちゃんと正社員として雇用しますし、アルバイトで雇う場合は、その旨を事前に明示して雇うようにしています。「のちのち正社員にする可能性あり」というように、妙な期待を持たせておいて、ズルズルと試用期間のままにしておく詐欺的行為ははしないので安心です。

◆なぜeラーニング研究所は正社員主義なのか

なぜeラーニング研究所は、正社員雇用を原則としているのでしょうか。それは、会社の長期的発展を考えた場合は、アルバイトよりも正社員の方が有利だからという判断があるからです。アルバイト雇用は、たしかに人件費は抑制できるかもしれません。しかしながら、どうしたってeラーニング研究所への忠誠心は低くなりますし、他にお給料のいい会社があれば、すぐにそちらに移ってしまうこともあるでしょう。そうやってすぐに居なくなられてしまうと、技術の継承ができないというデメリットがあります。eラーニング研究所は、高度なコンテンツを作成していく必要があるため、スタッフにそれなりの技術的蓄積が求められるわけです。いくらでも替えがきくアルバイトのような人材では役に立たないといえます。

◆日本の企業は詐欺をやめてeラーニング研究所を見習うべき

日本の企業は、正社員にします詐欺というようなせこい事はやめて、eラーニング研究所を見習って正社員を雇うようにした方がいいでしょう。正社員にします詐欺は、短い目で見れば、人件費を低下させて利益を出せるように思えますが、熟練労働者不足を招くリスクが高く、長期的に見ると結局は会社にとってマイナスになってしまう可能性が高いです。日本は技術で勝負してきた国であり、それは人材を大切にすることによって成し得ることではないでしょうか。

フォルスクラブと上場都市信託について

【上場投資信託の特徴とフォルスクラブについて】

上場投資信託とは金融商品取引所において取引される投資信託のことで、ETFや上場投信という略称がよく用いられています。ETFとはExchange Traded Fundの頭文字を取ったものです。一般的な投資信託は金銭の出入りによって解約設定されますが、ETFは投信会社が指定した現物金融商品によります。また一般の投資信託のように組み入れた資産だけを証券化するのではなく、投資家が拠出する現物も証券化します。機動的にポートフォリオの構築と変更ができるようになるというメリットがあります。上場投資信託は仮想通貨と同様に、世界金融危機における避難先として利用されています。取引の方法は費用面を含めて株式の取引とほぼ同様です。証券集中保管機関が振替業務を行い現物は管理機関が保管するので、技術面における流動性が確保されているという特徴があります。フォルスクラブは様々な学習コンテンツを提供するサービスなので、上場投資信託を行うことはできません、しかしフォルスクラブで身につけた英会話などのスキルは、上場投資信託などで資産運用を行う場合にも役立ちます。投資の世界で利益を得るためには、世界情勢などについて情報を素早く掴むことが大切です。フォルスクラブでスキルアップを図れば、より効率的に資産運用ができるようになります。

【上場投資信託の様々なメリットとは】

上場投資信託は分散投資が気軽にできるというメリットがあり、容易に安全性を高めることができます。ETFの価格は東証株価指数など多くの銘柄から算出される指数に連動して動くため、購入すれば少額でも手軽に分散投資ができます。また上場投資信託は値動きが分かりやすいというメリットもあります。東証株価指数や日経平均株価などの株価指数の他に、金価格などに連動するように運用されています。これらの情報は新聞やテレビなどでも簡単に手に入れることができます。

【フォルスクラブで様々な分野について学ぶメリット】

フォルスクラブでは幼児向けの音感教育や子供向けの英会話の他にも、大学受験対策や資格試験対策など様々な学習コンテンツを提供しています。スタンダードプランならば月額税抜6千円で全てのコンテンツが使い放題になるというメリットがあります。フォルスクラブのスタンダードプランは、1人が登録すれば5人まで利用できるというメリットも存在します。5人家族であれば全員がそれぞれ興味を持った分野について自由に学ぶことができます。

【フォルスクラブとの上手なつき合い方とは】

フォルスクラブのサービスを利用するのであれば、スタンダードプランに加入して家族全員で使うのがおすすめの方法です。またフォルスクラブのサービスはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも利用できます。自分の都合に合わせて、隙間時間などを有効に活用して学習を進めるとよいでしょう。