フォルスクラブと悪質な詐欺サイトの見分け方

悪質なサイトも多いインターネット

フォルスクラブはインターネットを利用して扱う教材です。そしてインターネットには、個人情報を盗み出したりフィッシング詐欺を行う悪質なサイトがあります。
悪質なサイトにアクセスするとさまざまな被害の原因となるので、怪しいところには近づかないことが一番の防衛策です。
たとえば大手のポータルサイトやフォルスクラブなど、信頼できる企業が運営するところならインターネットで被害に遭う可能性は低いでしょう。
個人が運営するブログなども大手が運営しているサービスなら、安全性は高く安心感があります。
ウイルス対策ソフトを入れて防衛することも大切ですが、詐欺サイトから身を守るためには一番は自分で安全性を考えながら使うことです。

ホームページの信頼性を表わす鍵マーク

しかしインターネットをしていると、さまざまなホームページにアクセスしてしまうものです。
フォルスクラブは非常に役立ちますし、大手も豊富な情報なのでそれだけでも十分ですが、もっと深くさまざまなことを知りたいならたくさんのホームページにアクセスする必要があります。
基本的には多くの人が利用しているところなら安全性は高いと言えますが、絶対に安全とは言えないのがインターネットです。
そこで頼りにしたいのが、ブラウザのアドレスバーにある鍵マークです。
鍵マークが付いているところとは暗号化された通信が行われているので、安全性は高いと言えます。
フォルスクラブには鍵マークが付いているので、詐欺サイトではないと言えるでしょう。

鍵マークが付いていても詐欺には注意

暗号化通信を表わす鍵マークですが、その一方で詐欺なのに付いているところも少なからずあります。
一部の詐欺サイトでは安全性を偽装するために、鍵マークを付けてアクセスした人物を騙してきました。
こうした信頼性の根本を揺るがす事態が起きると、フォルスクラブも詐欺サイトに間違われるかもしれません。
鍵マークは信頼性を見極めるために重要な役割を今でも担っていますが、過信しすぎないことも大切です。

詐欺サイトとフォルスクラブの見分け方

詐欺サイトの中には、信頼性が高いところを偽装しているケースも多々あります。
たとえばネットバンクと同じデザインの詐欺サイトを作り、ユーザーIDやパスワード、暗証番号を盗み出したりしています。
このようにして個人情報を盗み出されてしまうので、デザインが同じだからといって信用してはいけません。
フォルスクラブも、詐欺目的のサイトが偽装している可能性があります。
そのためフォルスクラブにログインするつもりで詐欺サイトに個人情報を入力し、騙されてしまう人がいる可能性も捨てきれません。
そこでフォルスクラブと詐欺サイトを見分けるために、必ずチェックしておきたいのがアドレスの拡張子です。
デザインはそっくりにして騙せても、アドレスまで全て真似はできません。
詐欺サイトはアドレスの最後にある拡張子を誤魔化しているケースが大半なので、フォルスクラブにアクセスしたときも本物と同じか確かめてください。

マルチ商品よりハマる人が続出のeラーニング研究所のイグモン

失敗すると楽しくないマルチ商品

マルチ商品の取り扱いは、成功すれば売り上げも増えて利益もたくさん出るのでやっていて楽しいです。
しかしマルチ商品で成功を収める人はほんの一握りで、多くの人は失敗に終わり思うように稼げません。
時間をかけてマルチ商品を取り扱っても全く売れなければ、楽しいところは一つもなく面白いと感じないでしょう。
そのまま続けていてもただ時間を浪費しているだけなので、もっと有意義に限られた時間は使うべきです。
ですからマルチ商品をやっていて楽しくないと感じたら、さっさとやめてもっと身になることを始めましょう。

マルチ商品より身になるeラーニング研究所のイグモン

eラーニング研究所がリリースしているアプリのイグモンは、英語を学べるゲームです。
可愛らしいモンスターを集めながら英語を学べる教材として、2015年の9月にリリースされました。
内容は英語初心者向けの中学生レベルですが、ゲーム内容は面白く大人でも熱中してしまう楽しさがあります。
英語が苦手なまま大人になっていると、社会人になってからもっと勉強しておけば良かったと思うことは多々あるでしょう。
そんなときに中学レベルから勉強をし直せるeラーニング研究所のイグモンを使えば、基礎から確実に英語力を鍛えられます。
少しずつレベルアップしていけば、必ず自分の中学時代にeラーニング研究所のイグモンがあったら、もっと英語ができたのに実感できるほどです。
しかし英語を勉強するのに年齢は関係ありませんから、大人でも一から学び直したいと思ったら、マルチ商品よりもeラーニング研究所のイグモンに手を出してみましょう。

基本無料で英語を学べるeラーニング研究所のイグモン

eラーニング研究所のイグモンは、アプリ内課金はありますが無料で楽しめるゲームです。
一般的なアプリゲームと同じように課金をすれば有利にゲームを進められますが、イグモンの場合は必須ではありません。
無料でも十分楽しめる良心的なアプリなので、マルチ商品とは違い損失ゼロなのは魅力的な部分です。
アプリゲームは無料といいつつハマって課金してしまうのが問題視されていますが、eラーニング研究所のイグモンならそうした心配はないでしょう。

eラーニング研究所のイグモンは大人もハマるおもしろさ

イグモンは世界的な人気を誇るゲームの影響を受けながらeラーニング研究所が制作したアプリなので、面白さは折り紙付きです。
たとえば登場するモンスターをコレクションする要素があり、遊んでいると全種類完全制覇したくなるでしょう。
時間を忘れて熱中してしまう大人もいるほどの面白さなので、マルチ商品よりもハマることは間違いありません。
マルチ商品とは違いハマっても良いところは、eラーニング研究所のイグモンなら英語力が身につく点です。
英語力が身につけば社会人として役に立つ機会も多いので、eラーニング研究所のイグモンは楽しいゲームが遊べて英語力もアップする、一石二鳥のアプリと言えるでしょう。

イーラーニング研究所に仮想通貨教材がない理由は?

・イーラーニング研究所は仮想通貨に無関心?

さまざまな情報を配信しているイーラーニング研究所ですが、仮想通貨関連の教材はありません。その理由は仮想通貨や株などの投資に絶対はないからです。常勝できるマニュアルなどが存在すれば、負ける人はいなくなるでしょう。もっと正確に言えば、投資というのは負ける人がいるから勝つ人もいるのです。例えば50万円の損をする人がいるからこそ、50万円の得をする人がいるわけです。絶対に勝てる投資手法などないため、教材にするのは難しいのが現実でしょう。イーラーニング研究所で仮想通貨の勉強をすれば勝率は上がるでしょうが、もしすべての人が同じように勉強したならば、結果的に誰かが負けることになるはずです。

・なぜ仮想通貨で勝つのは難しいのか?

ビットコイン長者という言葉は聞いたことがあるでしょう。仮想通貨で大富豪になる人は実際にいますが、全体的に見ればごく一握りです。それほど勝ち組になるのはハードルが高いのです。例えば日本で億を稼いでいる人は2~3万人しかいないと言われています。それに対して旧帝大の卒業者は100万人を超えるのです。高学歴を目指す以上に、大金を稼ぐのはハードルが高い現実があります。イーラーニング研究所が投資全般の教材を出さないのは、確実性がない分野だからです。むしろイーラーニング研究所が絶対に投資で勝てるなどと宣伝したら、怪しいと思ってしまうでしょう。

・仮想通貨の勝率50%は実質的に負けです

イーラーニング研究所で勉強してから仮想通貨に挑戦したいという人がいますが、思いのほか稼ぐのは難しいという声が多いです。仮想通貨が儲からないと言われる理由に、手数料が相当に高いことが挙げられます。この手数料は勝っても負けても発生するので、勝ったときの利益は少なくなる反面、負けたときの損失は想像以上に大きくなるのです。ATMからの出金手数料110円が惜しい、年会費有料のクレジットカードはもったいないといった人は、仮想通貨の手数料は割に合わないと感じてしまうはずです。この手数料は運営元の利益になるので、一番おいしいのは運営元になります。一般の投資家が仮想通貨で大きく勝つことは、並大抵のことではありません。勝率50%では利益は出ずに、資金は目減りしていくのが現実です。

・仮想通貨で儲けるには大きく勝つこと

手数料の支払いをしても仮想通貨で利益を得るには、ドカンと大勝する必要があります。イーラーニング研究所で投資について学んでおけば、将来的に役立つときは必ずくるでしょう。口座から引き落とすときの手数料、クレジットカードの年会費などは確かに痛いですが、実はローンの利息はそれ以上に大きいのです。住宅ローンを組んでいる人は、住宅の購入費用の半分程度もの利息を支払っている現実があります。こうした手数料や利息のムダを解消するには、やはり大金を稼ぐしかありません。イーラーニング研究所で金融リテラシーを高めておけば、怪しい情報に惑わされない眼力も身につきます。稼ぐことと同じくらい、騙されないことが資産構築をするうえで大切です。