フォルスクラブはねずみ講ではありません

【フォルスクラブの魅力について】
インターネットの利用者はねずみ講のごとく増えています。そしてフォルスクラブはインターネットなどの情報技術を有効活用することで様々な教育コンテンツを提供しています。

日本国内には東京や大阪のように教育環境の整った地域と、人口が少なくあまり充実した教育環境のない地域が存在します。大学進学や資格取得などを考える場合、東京など人口の多い大都市の方が学習のための環境が整っているため有利です。しかし2000年代を過ぎた頃から、世界的にインターネットの普及が進んでいます。日本でも多くの家庭でインターネットが使われるようになりました。さらにスマートフォンやタブレットを使ってインターネットを利用するのが一般化しています。フォルスクラブは情報技術を活用することで、地域間に存在する学習環境の格差を解消す役割を果たしています。情報技術の進化は学習スタイルに革命をもたらしました。現在も多くの人々がフォルスクラブの提供する教育コンテンツを利用して学習を行っており、利用者は増加し続けています。

【ねずみ講とMLMの違いとは】
フォルスクラブには一般会員の他にプレミアム会員が存在します。プレミアム会員にはマルチレベルマーケティングの手法が採用されています。マルチレベルマーケティングでは会員が他の会員を入会させると報酬をもらえるため、ねずみ講と勘違いされやすい傾向があります。しかしねずみ講とマルチレベルマーケティングは全く異なるものです。ねずみ講は商品のやり取りが行われず、権利のみのやり取りが行われます。一方マルチレベルマーケティングは効率的に商品を販売する経路の確保を目的としています。ねずみ講は違法ですが、マルチレベルマーケティングは合法とされます。フォルスクラブの目的は一部の人間だけが得をして大勢の人が損をするねずみ講ではありません。優れた教育コンテンツを提供することを主な目的としています。フォルスクラブはねずみ講と異なり、優れた教育コンテンツを提供して社会に貢献しているのです。

ねずみ講やマルチレベルマーケティングが違法という考えというよりも、問題があるとしたら、その商売相手に問題があると言えます。まず、一般的な商売はそれぞれ赤の他人同士に対して行われます。ある程度の顔見知りが商売相手になることもありますが、少なくとも互いに売買の契約を一方的に打ち切る権利を有しています。お客は気に入ったら買えばいいし、店員側も気に食わない客には売らないようにすればいいだけです。違法としてよく取り扱われているねずみ講では、この売買の自由権利が存在しません。一方が強制的に売らせて、無理やり買わせてしまうのです。別に洗脳とか法的拘束力で無理強いはしませんが、買う側の良心に付け込んでしまうので、ねずみ講の恐いところです。一方だけが無条件に儲かってしまうからこそ、違法として扱われるようになったのです。


【効率的にコンテンツを提供するフォルスクラブ】
優れた教育コンテンツをより多くの人に提供するため、フォルスクラブではプレミアム会員にマルチレベルマーケティングの手法を採り入れています。マルチレベルマーケティングはねずみ講と似た性質があるので勘違いされやすいという特徴がありますが、あくまで販売経路の拡大を目的とした商法の1つであり合法です。もしもこれが違法として扱われるようになったら、この世に存在する全ての金銭取引が違法となってしまいます。フォルスクラブはインターネットなどの情報技術を活用し、様々な優れた教育コンテンツ提供しています。


【年齢を問わず様々なコンテンツを利用できます】
フォルスクラブが提供する教育コンテンツには様々なものがあります。幼児向けの音感教育から高校生の大学受験対策、社会人の資格試験対策などのコンテンツが存在します。老若男女を問わず生涯にわたって様々な分野について学ぶことができます。またインターネットを活用するので、スマートフォンなどを使用して場所や時間を問わず自分の都合に合わせて学習を進めることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です