フォルスクラブは上場することができない

■フォルスクラブはサービス名

フォルスクラブが上場できない理由の最大の理由は、フォルスクラブは組織の名前ではなくサービス名だからです。
クラブと名前がついているだけにサービスではなく、会社などの組織の名前のように思うかもしれませんが、フォルスクラブはあくまでも学習のためのサービス名に過ぎません。
組織として存在をしていないわけですから、当然上場をすることもできないというわけになります。
サービスや商品を提供している企業が上場をすることがあっても、提供しているサービスや商品が上場するということはありえない話ですから、フォルスクラブが上場をすることはないのだろうかと思っている人はこの辺を理解しておきましょう。

■会社名とサービス名が同じであればありえる

フォルスクラブの上場はありえませんが、フォルスクラブを提供している会社が社名を変えた場合には上場がありえない話ではありません。
実際に上場している企業の中でも会社の名前よりも、提供しているサービスや商品の知名度のほうが高くなったことから、そちらの方に社名を合わせるということは珍しい話ではありませんので、そのような形でフォルスクラブが上場する可能性は無いわけではないのです。
ただし、これはあくまでも可能性の話であって実際にそうなるかどうかはまた別問題であるため、勝手な憶測で株式公開をすると思わないようにする必要があります。

■サッカークラブが上場をする可能性

クラブという名前を聞くとサッカークラブのことを思い浮かべる人もいるかも知れませんが、そこで気になることがサッカークラブは上場することができるのかということです。
これもフォルスクラブと同様に単純にチームだけが上場する可能性はあまり高くないと言えます。
独立採算制で事業として成り立っていたり、事業のひとつとしてサッカークラブを運営しているというケースであれば可能性もありますが、純粋にひとつのサッカークラブとみたときには可能性は低いということになります。
ファンであればチームに投資をしたいと考えることもあるかもしれませんが、純粋にチームに投資をするのは難しいことだと言えるでしょう。

■運営している会社なら上場できる

これもフォルスクラブと同様に、サッカークラブ自体が株式公開をすることはなくても、そのチームを率いている親会社が上場をすることは十分に有り得る話です。
実際に株式市場に公開をされている企業が運営しているサッカークラブは珍しくありませんし、サッカーに限らず他のスポーツでもよくあることです。
このような事例で考えれば、サッカークラブというのはフォルスクラブで言うところのサービス名に当たるものであり、上場をするときには運営している会社が株式公開をすることになるというわけです。
最後にもう一つ付け加えると株式公開をするかどうかは企業の自由であり、公開をするだけのメリットがなければされませんから、資格があっても必ずしも株式市場で取引できるようになるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です