フォルスクラブにおけるシェアリングボーナスとマネーロンダリングについて

「シェアリングボーナス」

シェアリングボーナスとはボーナスを皆でシェアする、すなわち分け合うという意味の言葉です。多く働いたり貢献した人が多くもらえてそうでない人は少ししかないというものでも、一部の人だけで分け合ってもらえない人もいるなどというものでもありません。限られたボーナスを皆で平等に分け合うということです。

「フォルスクラブでのシェアリングボーナスとは」

フォルスクラブで、一般の会員に登録し月額料金を支払ってオンライン学習をしている分には、何もボーナスというものは発生しません。それでも手ごろな価格で様々な学習ができ、しかも家族も一緒に使うことができるので魅力的な学習法といえます。フォルスクラブを受け取って家族皆で学習ができるシステムを、従業員がみな平等に受け取ることができるということで、それがフォルスクラブのシェアリングボーナスということになるのです。

「マネーロンダリング」

マネーロンダリングという言葉がありますが、それは資金洗浄という意味を持ちます。脱税や収賄などで得たお金をそのまま持っているのではなく、出所をわからなくするために人の口座に送金したり株を購入したり寄付をしたりすることです。マンチェスター・シティというプロサッカーチームの選手が、マフィアと関わりがあったとされマネーロンダリング疑惑をかけられて捜査されたということがありました。マネーロンダリングとは、このように不正に資金を調達した場合にそれをごまかすことで人に分け与えたりすることです。

「シェアリングボーナスとマネーロンダリング」

フォルスクラブのシェアリングボーナスは、不正に受け取るというものではありません。本来はフォルスクラブを利用するのに月額料金が必要になるところ、ボーナスとして受け取りタブレットや教材を使えるということだと思います。それらをボーナスという形で渡すための資金も不正に集めたお金ではなく、フォルスクラブのことを理解して入会し、月額料金を支払って学習をしてる人たちから得たお金なので、正当な会社の収益金ということになりそうです。フォルスクラブが社員一人ひとり平等にフォルスクラブをボーナスとしてプレゼントしているため、シェアリングボーナスといわれていますが、そのシェアリングボーナスは、かつてマンチェスター・シティの選手が疑惑を持たれて捜査されていたようなマネーロンダリングとは全く異なるものです。フォルスクラブとしては、会社の福利厚生の一部として社員に利益の還元をしているだけで、不正に受け取ったお金を社員に分け与えてマネーロンダリングしているということとは全く意味が異なるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です