友達とはシェアリングボーナスできないフォルスクラブ

所有する時代からシェアの時代に変化

フォルスクラブが登場する一昔前までは、欲しい物があればお金を出して購入するのが当たり前でした。
しかし最近では、物を所有しない人々が増えています。
人々が物を所有しなくなった理由はいくつもありますが、一つは経済的な理由があるでしょう。
新しく物を買うためには多額のお金が必要ですし、車を例にすると税金や保険代に駐車場代とさまざまな維持費も必要です。
それだけ維持費をかけて所有していても、実際に乗る回数が少なければお金の無駄に感じますから、それなら必要なときだけ借りた方が良いと考えるのは当然でしょう。

洋服もシェアする時代ならフォルスクラブもシェアできるのか

多くの人はシェアリングボーナスを貯められるほどさまざまな物をシェアしていますが、ついに登場したのは洋服です。
洋服は所有するのが当たり前と思われていますが、意外と持っていると大変です。
数が増えるとクローゼットやタンスが手狭になりますし、季節ごとに衣替えもしなければいけません。
クリーニングなどのメンテナンスも必要ですし、それだけお金や手をかけても時代遅れになると着られません。卒業式に着る着物やウェディングドレスのレンタルは有名ですが、そうしたハレの衣装ではなく、普段着のシェアリングはかなり画期的と言えるでしょう。
そのため洋服のシェアリングボーナスも登場していますが、それがサービスと成り立っているなら、学習用教材のシェアも成り立つ可能性があります。
つまり学習教材のフォルスクラブも、友達同士でシェアできる時代が到来したと言えるかもしれません。

ゲームの貸し借り感覚でできるかもしれないフォルスクラブのシェアリングボーナス

子どもの頃に、友達とゲームの貸し借りをした人も多いでしょう。
ゲームは子どものお小遣いで簡単に変える金額ではありませんから、節約のために友達と貸し借りをしながら、たくさんのゲームを遊んだ人も多くいるはずです。筆者も星のカービィスーパーデラックスをよく借りて、よくデータがリセットされた思い出があります。
その感覚でフォルスクラブの貸し借りができるなら、シェアリングボーナスしたい人も多いでしょう。
しかし結論から述べると、フォルスクラブの貸し借りはできないと考えられます。
フォルスクラブのシェアリングボーナスをするためには、自分と友達のアカウントを交換しなければいけません。
アカウントの譲渡はフォルスクラブの利用規約で禁止されていますから、友達とはいえ赤の他人に自分のアカウントを一時的でもシェアリングボーナスするのは、規約違反になる可能性があります。
規約違反になるとフォルスクラブも利用できなくなる恐れがあるので、シェアリングボーナスはやめておきましょう。

家族なら一つのアカウントでフォルスクラブを利用できる

フォルスクラブのアカウントは第三者への譲渡は禁止されていますが、家族内なら問題ありません。
決められた人数の家族なら一つのアカウントで数人が同時に使用できるので、たとえば子どもが3人いる家庭なら一人一人のアカウントを作る必要はなく、また親子で勉強したりもできます。
フォルスクラブをシェアリングボーナスしたいときには、家族間だけに留めておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です