フォルスクラブを運営する会社が上場すると?

・上場して先物取引が展開される可能性はある?

フォルスクラブの運営会社が上場するという噂は以前から聞かれています。もし上場したらフォルスクラブで先物取引をしたいと考える人はいるでしょう。その可能性はないとは言い切れませんが、そもそもフォルスクラブが上場しなければありえない話です。上場すれば相応のメリットはありますが、逆に自由度の高い運営が厳しくなる問題があります。それゆえ過去には上場を考えていた時期があるようですが、現在は消極的になっています。教育コンテンツの制作に注力しているため、当面は予定がないようです。もちろん可能性はゼロではありませんから、将来に向けて先物取引の勉強をしておくのもいいでしょう。

・フォルスクラブでさまざまな情報収集を

将来的にフォルスクラブが絶対に上場しないという保証はありません。そのときに備えて先物取引の勉強をしておくのはよいことです。これから始めるというタイミングで勉強する人もいますが、それでは大きく負けてしまう可能性があります。投資で大切なのは勝つことよりも、負けないことなのです。負けないためのパターンを構築しておけば、大きな失敗は避けられるでしょう。投資には手数料が発生しますので、勝率が5対5だと負けることを意味します。負けないためにはリスク管理が必要になり、それをフォルスクラブで勉強しておくのもありです。いかにリスクを分散させるから投資で負けないための秘訣になります。

・過去の勝ちパターンは役に立つ

フォルスクラブの上場に備えて、先物取引の勉強をしたいという人はいるでしょう。勉強することは投資で勝つために必要ですが、投資の勉強に王道は存在しません。市場は生き物と言われているように、その動きは誰も予測できないのです。フォルスクラブで勉強をしたからと言って、100%投資で勝つことはできません。つまり負ける可能性も多いにあると認識した上で開始する必要があるのです。大きく負けないためには、少ない資金から始めてみるのがよいです。大金をつぎ込んだり、借金をしたりするのは得策ではありません。お金で損をしてしまう人の特徴は、無理な運用をしていることにあります。

・お金の勉強はしておいて損がない

人生において学校の勉強は大切ですが、勉強は何歳になっても続けるべきものです。大人になってかも勉強は必要であり、これは稼ぐことに関しても言えます。フォルスクラブでお金について学習しておけば、将来は安定した資産運用が可能になるでしょう。お金で失敗する人に共通するのは収支のバランスを把握できていないことにあります。収入の範囲内でお金を使うことが大切ですが、同時に貯蓄もしていく必要があるでしょう。フォルスクラブが上場して先物取引ができるようになった場合、用意できる種銭によってチャンスが変わってきます。種銭を用意するために大切となるのは、普段からいかに家計を管理して貯金を徹底するかです。

フォルスクラブは上場することができない

■フォルスクラブはサービス名

フォルスクラブが上場できない理由の最大の理由は、フォルスクラブは組織の名前ではなくサービス名だからです。
クラブと名前がついているだけにサービスではなく、会社などの組織の名前のように思うかもしれませんが、フォルスクラブはあくまでも学習のためのサービス名に過ぎません。
組織として存在をしていないわけですから、当然上場をすることもできないというわけになります。
サービスや商品を提供している企業が上場をすることがあっても、提供しているサービスや商品が上場するということはありえない話ですから、フォルスクラブが上場をすることはないのだろうかと思っている人はこの辺を理解しておきましょう。

■会社名とサービス名が同じであればありえる

フォルスクラブの上場はありえませんが、フォルスクラブを提供している会社が社名を変えた場合には上場がありえない話ではありません。
実際に上場している企業の中でも会社の名前よりも、提供しているサービスや商品の知名度のほうが高くなったことから、そちらの方に社名を合わせるということは珍しい話ではありませんので、そのような形でフォルスクラブが上場する可能性は無いわけではないのです。
ただし、これはあくまでも可能性の話であって実際にそうなるかどうかはまた別問題であるため、勝手な憶測で株式公開をすると思わないようにする必要があります。

■サッカークラブが上場をする可能性

クラブという名前を聞くとサッカークラブのことを思い浮かべる人もいるかも知れませんが、そこで気になることがサッカークラブは上場することができるのかということです。
これもフォルスクラブと同様に単純にチームだけが上場する可能性はあまり高くないと言えます。
独立採算制で事業として成り立っていたり、事業のひとつとしてサッカークラブを運営しているというケースであれば可能性もありますが、純粋にひとつのサッカークラブとみたときには可能性は低いということになります。
ファンであればチームに投資をしたいと考えることもあるかもしれませんが、純粋にチームに投資をするのは難しいことだと言えるでしょう。

■運営している会社なら上場できる

これもフォルスクラブと同様に、サッカークラブ自体が株式公開をすることはなくても、そのチームを率いている親会社が上場をすることは十分に有り得る話です。
実際に株式市場に公開をされている企業が運営しているサッカークラブは珍しくありませんし、サッカーに限らず他のスポーツでもよくあることです。
このような事例で考えれば、サッカークラブというのはフォルスクラブで言うところのサービス名に当たるものであり、上場をするときには運営している会社が株式公開をすることになるというわけです。
最後にもう一つ付け加えると株式公開をするかどうかは企業の自由であり、公開をするだけのメリットがなければされませんから、資格があっても必ずしも株式市場で取引できるようになるわけではありません。

フォルスクラブは上場と共に発展を続けます

フォルスクラブは通信教育の分野で拡大を続けている企業です。英語教育に強い通信教育の会社として多くの方が活用しているフォルスクラブは、業績の拡大に伴い香港市場へ上場をすることになります。フォルスクラブが多くの方に高い信頼を得ており、今後も高い期待を得ている証拠です。子供から大人まで幅広く利用しているフォルスクラブのサービスはネットを活用した手軽な学習が魅力になっています。上場することで、今後も一層の業務拡大を進めていくようになり、より使いやすいサービスの提供を進めていくようになる予定です。英語を包括的に学んでいくにも、学校だけの学習では効果が薄いものがあるのも実情でしょう。今後、上場していく予定のフォルスクラブの提供する学習形態はスマートフォンやタブレットを用いた効果的な学習方法を取っていて、24時間365日の間で自由な時間での学習を進めていくことが可能な点が多くの方に好評です。

子供から大人まで幅広く活用出来る豊富なコンテンツで人気のフォルスクラブは、子供だけでは無く、家族全体で学習を行うことが出来る点も魅力になっている理由です。一契約で5人まで活用出来るフォルスクラブのネット学習で、家族全員が効率的に英語学習を進めていくことが出来るようになります。上場に至ることで、今後も多くのコンテンツを提供していき、より多くの方に活用される企業を目指していきます。月額6000円程度という低額の受講料で学んでいくことが出来るフォルスクラブで、家族全員が流暢な英語を学んでいくことが出来ることでしょう。上場していくことで、今まで以上に広報活動やサービスの開発にも力を入れていき、新しいコンテンツ制作にも力を入れていくようになれます。

上場を控えるフォルスクラブでは、英語だけでは無く、包括的な学習カリキュラムが存在します。また、学習だけでは無く、日常で起きるトラブルにも柔軟に対応出来るための各種サービスもあります。水道や鍵関係のトラブルにスピーディに対応していけるようなサービスもフォルスクラブでは提供されています。上場を行うことで、既存の会員の方はどのような事業形態になるか不安を感じる方もいるのですが、上場したからといって、現状の姿勢を変えることは無く、今まで以上の使いやすいサービスの提供を進めていくようになっています。

電車の移動中でも気軽に学んでいける教育サービスで多くの方が愛用しているフォルスクラブのコンテンツで、自分の足りない学習分野を自由に補填していくことができ、試験対策や大学受験に不安も無くなっていくようになります。幼児から大学生や社会人に至るまで、様々な方が愛用する教育コンテンツとしてフォルスクラブは上場後も研鑽を続けられます。自発的に学習を進める気分になれる楽しいコンテンツが豊富にあり、遊んでいる感覚で楽しく学習していけるのがフォルスクラブの魅力です。

 

フォルスクラブが上場するならどこになるか

【フォルスクラブと証券取引所】
フォルスクラブは日本の商材です。
もしもココが証券取引所に上場するなら、どこになるでしょうか?
日本の商材なので普通に考えると東京証券取引所になりますが、
もしかしたらそうならないかもしれません。
ニューヨーク証券取引所や上海証券取引所で
フォルスクラブが上場する可能性があるかもしれません。

 

【フォルスクラブとは】
フォルスクラブはいくつものコンテンツが収録されている
マルチ型の通信教材になります。
一般的な通信教材は「英語のみ」
「小6の国語算数理科社会のみ」といったものが多いですが、
フォルスクラブはそれらをまとめて含み、
いくつものスタイルで勉強させることが出来る教材になります。
フォルスクラブで英語を勉強すれば
ニューヨークに行くことも不可能ではありません。
流石に中国語には対応していませんので、上海に行くのは難しいですが、
英語さえマスターすれば中国旅行はある程度可能でしょう。
ロールプレイングゲーム、恋愛ストーリー、ホームドラマ、
講義、テキスト集、単語集など色々な方法で
英語を学べるのがフォルスクラブの強みです。

 

【東京証券取引所】

東京証券取引所は日本最大の金融商品取引所です。
もちろん日本には東京証券取引所以外の証券取引所がありますが、
東京証券取引所がシェアの大部分を占めているのが現状。
かつて日本の三大市場と呼ばれていた
名古屋証券取引所のシェア率はたったの0.02%です。
他にも札幌証券取引所や福岡証券取引所がありますが、
日本で上場を考えるならば東京証券取引所以外ないでしょう。
場所的に本社が名古屋、札幌、福岡に近いのなら
そこでの上場もありかもしれませんが、フォルスクラブの本社は大阪。
支店も東京です。
現在、大阪取引所は東京証券取引所と合体しているため、
やはりフォルスクラブは東京証券取引所に頼らざるを得ないでしょう。

 

【ニューヨーク証券取引所】


ニューヨーク証券取引所は世界最大の証券取引所として知られています。
東京証券取引所の取引額が530兆円に対し、
ニューヨーク証券取引所は2050兆円と4倍差の開きがあります。
ではフォルスクラブはニューヨーク証券取引所に上場することは
可能なのでしょうか。
確率は非常に厳しいものがありますが、決して0ではありません。
現在、ニューヨーク証券取引所には13もの日本の企業が上場しています。
ただしその13すべてが超一流の企業であり、
フォルスクラブのような企業が参入できる可能性は限りなく低いと言えます。
上場の条件はいくつかありますが、
ニューヨーク証券取引所に上場するなら最低でも資本金は1000億円、
売上高は1兆円を超えたいところですね。
日本国民の50人に1人がフォルスクラブをやれば、
それくらい稼げるかもしれませんね。

 

【上海証券取引所】


上海証券取引所はどうでしょうか?
こちらもニューヨーク証券取引所のように日本の企業が上場できるのでしょうか?
結論は「できません」。
上海証券取引所は外国の上場を認めていないのです。
上場するなら最低でも中国本土に本社を置く必要があると言えるでしょう。
日本の企業が東南アジアの諸外国で上場できる国(証券取引所)は、
韓国、シンガポール、香港あたりです。
フォルスクラブが日本以外の東南アジアで上場するなら、
そうした国に行く必要があるでしょう。

 

【外国で上場する理由】
外国の証券取引所で上場する利点はいくつかあります。
簡単に言えば、購買層を広げることが可能です。
東京証券取引所も海外に住む方が
海外に居ながらにして銘柄を買うことが出来ますが、
国をまたぐため手数料の方はかなり高くなります。
しかし自国の証券取引所を利用することができれば、
その手数料は自国の銘柄を買うのと同じ程度になります。
買いやすさに関しては段違いと言えるでしょう。
証券取引所は「市場」とも言われており、
市場を広げることは買い手を付きやすくことに繋がります。
フォルスクラブの株も日本だけでなく海外にまで市場を広げれば、
購入者は劇的に増加するでしょう。

余談ですが、上場の条件は証券取引所ごとに異なります。
日本では上場できなくても、香港なら許可が下りることもあります。
一例を挙げるならパチンコ業界です。
国によって絶対に上場が認められない業種は、
外国の証券取引所を利用することがあるのです。
でもフォルスクラブはパチンコ関係ではありませんので、
普通に東京証券取引所を利用できます。
あとは実績を積み重ねれば上場の審査は通りますが、
その実績を積み重ねるのが大変です。
先も述べましたが、国民の50人に1人がフォルスクラブを
やるようにならないと難しいでしょう。