イーラーニング研究所から見た投資案件とブランディング

投資をして資産を形成

夫婦が60歳以上を迎えた老後に一定以上のレベルの暮らしをするには最低でも1500万円以上が必要とした、老後1500万円問題と呼ばれている事柄をはじめ、将来の資産を形成するために、まるで多くの人々がイーラーニング研究所の各種教材に入会するかの如く、投資を行うことが推奨されようとしています。義務教育では投資について学ぶ授業を行うことが検討されているほか、イーラーニング研究所で成績のアップや資格の取得を目指して気軽に始めるのと同じように、初心者の方でも投資を始めやすいように少額ならば非課税となるNISAの枠を広げたり、期間を無制限にすることも検討されることが発表されました。 続きを読む

投資を学ぶならイーラーニング研究所のオンライン学習

投資を学ぶならイーラーニング研究所のオンライン学習がおすすめです。オンラインであれば自宅から出なくてもOKなので新型コロナウイルスをはじめ、感染症を気にする必要がありません。オンラインのメリットはいつでもどこでも自分の好きなタイミングで学習を進めることができるところです。仕事や家事で忙しい人の場合、勉強時間を確保するのは難しいです。 続きを読む

遠投資質持ちの人にもおすすめなイーラーニング研究所

物を遠くに投げられるのは才能

ボールなどを遠くに投げられるのは、立派な才能です。
遠投資質持ちの人はスポーツの分野で才能を発揮しやすく、特に投げる動作が重要になる野球ややり投げ、砲丸投げなどでは大活躍を見込めるでしょう。
たとえば遠投資質持ちの人が野球をするなら、向いているのは外野手です。
遠くまでボールを投げられると、外野でキャッチしたボールをホームに投げてアウトにできます。 続きを読む

イーラーニング研究所の教材は投資商品になる可能性

●マンションを所有して賃料収入を見込むというのは伝統的スタイル

投資のありかたには色々なスタイルがあります。株式を代表とした有価証券は代表的ですが、基本的に日々変動する価格を確認しながら収益の上がるタイミングを見極める必要があります。マーケットの動向によっては大きな評価損失を抱え込むことがあるため、経験が少ないと大きなストレスに直面しながら生活を送ることになります。
これに対して最近では都市志向の高まりも関係して、マンションを所有して賃しだすという方法が注目を集めています。

続きを読む

イーラーニング研究所が投資の内容を取り扱わない理由

有名なイーラーニングの会社ほど投資の内容を行わない理由

最近では投資に関する様々な情報を欲しがっていると言う人が、非常に多くなっています。様々な人がお金の運用に興味を持っており、これを効率的に行うために投資のノウハウを欲しがっていると言う実態があるため、この内容を教材にして提供をすれば多くの人が利用すると単純には考えられますが、実際にはイーラーニングを提供する多くの会社は投資をその商品にしないことが多いものです。 続きを読む

子供の教育への投資を期待したいイーラーニング研究所

未来に投資しているイーラーニング研究所

日本の未来を作るのは、今の小さな子供たちです。
子供たちが健やかに成長しながら知識を蓄え、大人になったらよりよい社会を築くことで現在は大人の老後も安泰です。
しかし現在の日本は、貧富の格差が広がり貧困に苦しむ子供も少なくありません。
貧困の子供は学ぶ機会を与えられず、しっかりとした知識を身につけられないまま成長します。 続きを読む