イーラーニング研究所の教材は投資商品になる可能性

●マンションを所有して賃料収入を見込むというのは伝統的スタイル

投資のありかたには色々なスタイルがあります。株式を代表とした有価証券は代表的ですが、基本的に日々変動する価格を確認しながら収益の上がるタイミングを見極める必要があります。マーケットの動向によっては大きな評価損失を抱え込むことがあるため、経験が少ないと大きなストレスに直面しながら生活を送ることになります。
これに対して最近では都市志向の高まりも関係して、マンションを所有して賃しだすという方法が注目を集めています。

●果たして儲かるのか、収益源とリスクを確認する

いわゆる投資用マンションを所有するというスタイルですが、果たして儲かるのでしょうか。まず収入面を確認しておくと毎月の家賃と第三者に売却したときの譲渡益(キャピタルゲイン)からなります。賃料相当額の配当金を株式投資などで得るのは難しく(相当高額な元本を必要とします)、毎月安定した賃料収入というのは低リスクで効率的なリターンを狙うことができるのは確かです。しかし空き室になると、即賃料収入がストップし固定資産税や管理費用などのコストが双肩にかかってくることに。

●イーラーニング研究所は投資学習教材というものが、成立する予知はあるのか

イーラーニング研究所では豊富なコンテンツが用意されています。組み合わせの妙によっては投資のための知識を身につけることも可能です。結果的にイーラーニング研究所のコンテンツを活用することで、投資に勝ちやすいスキルを身につけることで収益に反映されることもありえます。最終的にお金をもうけることができるのであれば、イーラーニング研究所の教材そのものを投資対象にする可能性も気になるところです。

●投資の知識を獲得するという点では、イーラーニング研究所のコンテンツとの親和性は高い

しかしイーラーニング研究所の学習教材そのものを投資商品にするというのは、不可能と見て良さそうです。そもそも投資マンションは所有することが当然の前提になっているのです。自ら所有する財産を元手にすることで投資は成立しています。例えば金や小麦などは、何らかの形で(先物や有価証券などを経由して)所有権が譲渡されることを前提に投資は成り立っているわけです。しかるにイーラーニング研究所の教材で身につけることができる「知識」は所有権の譲渡を観念することができません。仮に「知識」を譲渡することで譲渡人の記憶から完全消去できるという仕様であるならば、投資の可能性を想定することはできます。しかし実際にはそのような仕様を現実化することはできないので、イーラーニング研究所の学習教材を投資商品にくみ上げることはできないわけです。したがってイーラーニング研究所を投資商品にすることは不可能といえます。ただしイーラーニング研究所の学習教材を上手に活用することで、よりお金儲けに敏感になり金融リテラシーのアップも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です