フォルスクラブの会社が香港市場の隣に移転したら

【会社の価値が更に高まることに】

フォルスクラブを作っている会社が香港市場の隣に引っ越しをしたとしたら、更に会社の価値は高まることになるでしょう。
香港という場所自体が中国の経済の中でも非常に重要性が高いものであり、それに加えて香港市場の隣ともなれば、簡単に移ることができるものではありません。
それだけに、フォルスクラブを作る会社が香港市場の隣に移るようなことでもあれば、会社の認知度が高まることになり、価値も高くなるということになります。
今の時代であれば会社はどこにあっても問題なく運営をすることができるように見えますが、やはり立地の面で信用が変わってくるので、香港市場の隣に引っ越す価値は高いと言えます。

【中国市場にも進出して規模を拡大】

フォルスクラブを作る会社が香港市場の隣に引っ越したのであれば、当然中国市場を視野に入れたビジネスを展開することになります。
日本の十倍の人口の国ですから、そのような国でフォルスクラブを広めていけば売上も単純に考えて十倍になるわけです。
もちろん、単純に行くわけではありませんが、市場の大きさを考えると十倍どころでは済まされない可能性も十分にありますから、フォルスクラブを作っている会社の規模が大きくなることは間違いないでしょう。
そうなれば更により良いコンテンツを作ることができるようになり、サービスの質までもが向上することが予想されます。

【日本にも好影響がでる】

香港市場の隣にフォルスクラブを作る会社ができれば、世界に日本の名前が広まることになります。
フォルスクラブのように時代の先端を行く学習システムを作っている会社が、香港市場の隣にあると知れ渡ればそれだけ日本にとってもメリットがあるといえるでしょう。
すでに日本の信用は世界的にも非常に高いものがありますから、今更影響がないと考えるかも知れませんが、やはり香港市場のすぐ近くに日本の企業が存在しているということは、日本にとっても良いことになるのです。
日本全体で見れば一つの会社にしか過ぎませんが、世界的に見れば香港市場の隣に居を構える会社ということになり、引いては日本の評価を高めてくれることになります。

【中国語の学習コンテンツが増える】

フォルスクラブでは英語を学習できるコンテンツなどがありますが、運営会社が香港市場の隣に移転をすれば中国の事情に詳しくなりますから、それを応用して中国語のコンテンツを制作することが考えられます。
中国市場向けのコンテンツを作ると同時に、日本国内に対して中国の理解を高めるためのコンテンツを用意してくることでしょうから、中国語の勉強もすることができるようになるのです。
英語が必須と言われる時代で更にそれに加えて複数の言語ができることを求められる時代だけに、マーケットが大きく日本の隣である中国語の勉強ができるのは非常に魅力的です。
このように香港市場の隣に引っ越しをすれば、日本向けのコンテンツにも影響が出てくることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です