イーラーニング研究所はマルチ商品は扱っていない

イーラーニング研究所とは何か

イーラーニング研究所とはインターネット学習の提供、それに伴う開発など教育に関するサービスを主な事業にしています。企業理念は「教育の水道哲学」による幸せを確約した社会の構成で、そのためにイーラーニング研究所では教育のレベルの向上を目指しつつ、人材の育成とグローバル化に貢献しているわけです。誰にも利用できるようにお手頃なコストを基準にしている事も理念として挙げられます。ちなみに、教育の水道哲学とはビジネスの成功者として有名な松下幸之助氏の「水道哲学」から引き出されたものだと推察できます。
「水道哲学」とは松下幸之助氏の独自の経営哲学で、幼少期に貧困で苦しんだ松下幸之助氏が水道水に助けられたように大量かつ良質なものを供給する事で物価を下げて様々な消費者の元に届くシステムです。このシステムの教育なスキルの提供がイーラーニング研究所の目標というわけですが、イーラーニング研究所にはマルチ商品のイメージがつきまとっています。マルチ商品と言えば販売者が儲かるための仕組みを織り成す代物です。何故、イーラーニング研究所とマルチ商品が世間では結びついているのか触れていきます。

原因は利用者と販売者が揉めたせいである

そもそもマルチ商品とそれに伴う販売は連鎖販売取引と法律で定義されており、この定義を守っていれば合法です。
ところが世間には粗悪品や中古品だと承知したうえで高額な金額を請求したり、会員費を前もって知らせなかったりなど悪質な対応をする業者がいます。
こうした業者のせいで悪いイメージが定着しているわけですが、イーラーニング研究所は多忙な人など時間の都合が合わない人の味方です。つまるところ、マルチ商品を提供するなどありえないの一言に尽きます。あくまでインターネットを通した学習を提供している株式会社ですが、マルチ商品の提供の噂は利用者と販売者の間で揉め事があったようです。イーラーニング研究所では販売者になると登録費用の支払いが義務化されており、その支払いをするために躍起になった結果、マルチ商品の提供が噂されたと推測されています。

こんな商品の紹介をされたら気を付けろ

世間一般のマルチ商品は悪く、実際にそれを絵に描いたような業者がいるのは事実です。
そうした業者や商品の紹介の仕方を見極めるポイントはまず、断ったのに再度話を持ち出す事が挙げられます。これは連載販売取引ではなく、訪問販売で禁止されている事ですが、違法性があるという意味合いでは十分な目安です。また契約するまで帰してくれないという状況も、特定商取引法で禁じられています。他にも家での説明や目的を告げないまま取引を持ち掛ける事、大袈裟な表現などがあれば要注意です。

結局のところイーラーニング研究所とマルチ商品は関係ない

イーラーニング研究所とマルチ商品の関係はなく、信憑性のない噂が独り歩きしています。
企業理念から察せられるようにイーラーニング研究所は教育の進歩のため、日々努力している株式会社です。それをマルチ商品の噂で利用しないのは「もったない」と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です