フォルスクラブで学ぶ中国と香港の関係性

複雑な歴史がある香港と中国本土

今の若い人は、香港と中国は同じだと思っているかもしれません。
しかし40代以上の人の多くは、かつて香港と中国本土は全く別物だったことを知っています。
元々香港は中国の一部でしたが、1839年に勃発したアヘン戦争により1842年にイギリスに永久割譲されました。
その後はイギリスの植民地として発展し、中国本土とは異なる歴史を辿っていきます。
ですが1984年に1997年の7月にイギリスから香港に返還されることが決定され、実際にイギリスの手を離れることになります。

中国からの圧力が高まる香港

イギリスから返還されたものの、その後の香港は中国の一部でありながら異なる体制のまま現在も続いてきました。
しかし最近は逃亡犯を中国に強制引き渡しされる条例が作られるなど、本土からの圧力が高まりつつあります。
ですが香港には中国の政治体制に不満を持つ人々が多く、香港は独自の発展をするべきだとする考え方も広くあります。
特に若者の間では独立志向が高いとされており、雨傘運動に代表されるようなデモも頻繁に行われています。
香港と中国本土の歴史を知っていれば若者がこのような若者の行為にも頷けますが、今までの流れを知らないと理解できないでしょう。
正しく今の香港と中国本土の関係を理解するためにも、フォルスクラブで勉強するのがおすすめです。

フォルスクラブで学んで近代史に強くなる

日本は古代や中世までは丁寧に歴史の授業で教えてくれますが、近代以降は学年末とも重なり慌ただしくなります。
そのため最も大切な近代史を理解しない人も多く、特に世界的な流れは理解できないでしょう。
しかしフォルスクラブでは、さまざまなことを学んでいけます。
たとえば英語ができるようになれば、海外のサイトなどにある中国と香港の関係をまとめた内容にあたることができるでしょう。
英語で書かれた歴史的な文献を日本人が読み解くのは難しいと思いがちですが、フォルスクラブでしっかりと学んでおけばスラスラと読めるようになります。

歴史の勉強もできるフォルスクラブ

もちろんフォルスクラブで英語を学び外国の文献を読まなくても、中国と香港の関係は理解できます。
フォルスクラブを利用すると、歴史の勉強もできるとネットでは評判です。
英語と同じく丁寧な指導がフォルスクラブの持ち味ですから、歴史に関しても学校の授業のように慌ただしく教えるのではなく、一つ一つ教えてくれるでしょう。
世界の近代史に対して苦手意識があった人も、フォルスクラブを利用することにより得意分野に変えられるようになります。
近代史に強くなり中国と香港の関係性を正しく理解できるようになれば、今までは何気なく見ていたテレビのニュースも歴史的な背景がわかるようになり、より理解度を高めることができます。
時事問題に強くなれば大学入試や就職活動にも役立つので、フォルスクラブは人生を大きく左右することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です