フォルスクラブと吉田氏の関係

フォルスクラブの誕生秘話について知る。

吉田智雄氏はフォルスクラブの創業者ですが、1963年に大阪市で誕生しました。
本社は大阪府吹出市にあるので、特段生まれた土地で開業をしたというわけではありません。
彼は大阪市にある大阪商業大学商経学部を卒業したのち、留年や浪人などをすることなく職についています。
商経学部は2000年には、経済学部と総合経営学部へ改名されており新しくなっています。
吉田氏は卒業をしたと同時に車の販売会社へ就職しており、車の販売業をしていました。
大学時代に知り合っている友人と共に、その後化粧品の販売や通信機器の販売代理店事業を行なっています。
その2年後に、フォルスクラブをメインの事業として活動する会社を設立していることがわかります。

吉田氏のその後と沿革の関係値。

吉田氏は1986年に大学を卒業した後、フォルスクラブを誕生させるまでに16年もの月日がかかっていますが、その間に大きな変化を遂げ得ています。
世界のIT自体も大きく変化していますが、外部記憶媒体でもあるUSBフラッシュドライブは64GBが主流です。
その価格は2000円も出せば購入することができますが、会社設立当時はまだフロッピーディスクを主流にしていました。
容量は2MBで、現在の感覚から見るととても小さいです。
それが1枚あたり200~400円なので、大きな差があり使い勝手も全く違います。
その当時に64GBの記憶媒体を用いることは、その費用が莫大になりますし快適に使うことができるシステムではありません。
フォルスクラブはこの月日の間に、かなり大きくバージョンアップしており沿革を遂げています。

吉田氏が生み出すフォルスクラブについて。

当初は非オンラインのCD-ROMでパソコンにダウンロードをしていくものでした。
よく年には子供が使いやすいようなシステムで、作られていますがその数は3つにとどまっています。
フォルスクラブがオンライン形式になり始めたのは、吉田氏が会社を作ってから5年後になります。
その中でもコンテンツがまだまだ少なく、そこへ対応しているツールもパソコンだけという内容です。
その後も吉田氏は次々とコンテンツを拡充させていきますが、操作可能とする機種も増えていくことが特徴でした。
現在はパソコンを始め、ガラケーからタブレット・スマホを駆使しながらログインすることが可能で多くの人が使用できます。
フォルスクラブは19個のコンテンツに対応しており、そのうちの9個は幼児向けのコンテンツとして活躍しています。
一つ一つのコンテンツの内容に特徴があり、とても見やすいですしただ単に数が多いわけではないというところが特徴です。

フォルスクラブで学ぶことはどのようなことか。

ここで吉田氏から学んだことは決して無駄にはならないシステムで、優良なコンテンツがたくさん揃っています。
色々な学習をすることが可能で、勉強をして頭に取り入れたことはすでに貴重な財産となり一生の宝物になります。
知識や経験はどのような状況でもお金で変えるものではないので、フォルスクラブで培った経験一生役立つものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です