ネズミはフォルスクラブタブレットをかじるのか

フォルスクラブタブレットの硬さ

ネズミは小さい動物ですが、非常に強い歯を持っているといいます。顎の力はさほど強くありませんが、尖った形の歯を持っているため、プラスチックすらかじることができるといわれているのです。人気アニメには、ロボットであるドラえもんの耳をネズミがかじってしまった、というエピソードがあります。本来はイエローなネコ型のロボットだったのに、ネズミによって耳をなくしてしまい、あの独特なブルーの丸いシルエットになったというのです。ロボットをかじることができるほど強い歯なら、フォルスクラブタブレットをかじることもできるでしょう。フォルスクラブタブレットもかなり硬い材質でできていますが、使わないときはネズミに見つからないよう、きちんと引き出しの中にしまっておいが方が良さそうです。

ネズミの歯が持つ特別な性質

どんな物でもかじるといわれているネズミですが、硬すぎるものを噛んで歯を折ってしまう、というようなことはないのでしょうか。もしも人間がフォルスクラブタブレットを強く噛んでしまったら、歯を折ったり顎を傷めて大変なことになりそうです。ネズミの歯について調べてみたところ、だいぶ人間とは違うということがわかりました。鋭く尖ったネズミの門歯は生え変わることなく、一生にわたり伸び続けるのだそうです。このため、ネズミはあえて硬いものを積極的に噛む、という習性を持っています。硬いものをかじって常に歯を削り続けていないと、伸びすぎてしまう可能性があるためです。アニメに登場しているネズミも、歯を削るためにドラえもんの耳をかじっていたのかもしれません。

タブレットは大切に

フォルスクラブのタブレットはしっかりした作りになっていますので、無理な使い方をしなければ、だいぶ長持ちするでしょう。しかしやはりタブレットは精密機器でもありますから、なるべく叩いたり、机から落としたりといったことがないよう気をつけたいものです。普段家を空けている時、ネズミにかじられないようきちんと対策することも大切かもしれません。現実のネズミの歯は、アニメの中ほど丈夫ではないと考えられますが、雑菌の問題もあります。タブレットは直接手で触れて操作するため、そこにばい菌が付いていたら、手を媒介して口に入る恐れがあるのです。長く大切にフォルスクラブタブレットを使っていくためには、日頃のお手入れと管理が大切となります。

ネズミ対策をして楽しくフォルスクラブを

家の中をネズミが歩き回っていたり、屋根裏で騒いでいるような状況では、落ち着いてフォルスクラブを行うことができません。どんなに質の高いコンテンツでも、集中できなければ、そのメリットを十分に得ることはできないでしょう。環境をきちんと整え、集中できる状況を作り上げれば、勉強にも身が入ります。集中力を高めてフォルスクラブを楽しむことができるよう、家の中はいつでも綺麗な状態に保っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です