仮想通貨並に大人気のeラーニング研究所のアプリ

eラーニング研究所のイグモンは大人気アプリ

eラーニング研究所のイグモンは、人気を集めるスマートフォンアプリです。
これまで1万回以上もダウンロードされ、多くの人にプレイされてきました。
スマートフォンで遊べるゲームアプリのなかには、eラーニング研究所のイグモンよりダウンロードされているタイトルはあります。
それらと比べると、1万回は少ないと思うかもしれません。
しかしeラーニング研究所のイグモンは、一般的なゲームアプリではありません。
小学生向けに開発された英語学習のアプリなので、ターゲット層はかなり絞られています。
アプリを使った英語学習が一般的になったとはいえ、まだまだ全体から見ればシェアは大きくありません。
イグモンはさらに英語学習アプリのなかでも小学生向けとターゲットが限定されていますから、1万回以上のダウンロードは快挙と言っても良いほどの大ヒットです。

仮想通貨よりも人気があるかもしれないeラーニング研究所のイグモン

最近ネットで話題のものと言えば、仮想通貨です。
現実のお金ではなく仮想空間で管理されている仮想通貨は、可能性が無限大にあるとされ大きな注目を集めています。
イグモンの大ヒットと仮想通貨を比べてみると、同じぐらいと思うかもしれません。
もしかしたら仮想通貨以上に大ヒットしている可能性も残されているので、両者を丁寧に比べてみましょう。

想像以上にヒットしていた仮想通貨

eラーニング研究所のイグモンは、発表によればダウンロード回数は1万人です。
仮想通貨のトレードをしている人の数が1万人を超えていなければ、イグモンが上と考えられます。
日本で話題になっているといっても、仮想通貨は誰が管理しているのか見えにくく通貨としての信頼性は低いので、それほど多くの人はトレードしていないと思うかもしれません。
しかしある調査によると、仮想通貨のトレードをしている日本人は月間約610万人にも及ぶとされています。
全世界でみると月間で約2260万人、日本人はそのうちの約610万人となっており世界でも2位の数です。
世界規模ではもちろん、日本人に限定してもeラーニング研究所のイグモンは負けていることになります。
これでは互角どころか、まったく勝負にならないと言っても過言ではありません。

トレーダーの数で負けていても役に立つeラーニング研究所のイグモン

仮想通貨のトレードをしている人の数と比べたら、eラーニング研究所のイグモンは残念ながら負けていることがわかりました。
しかし仮想通貨より劣っているからといって、eラーニング研究所のイグモンが全く役に立たないわけではありません。
仮想通貨のトレードをするなら、海外からの情報も重要になるので英語は必須です。
英語ができないと仮想通貨のトレードにも失敗してしまう可能性が上がりますが、eラーニング研究所のイグモンで勉強していれば英語がわかるようになるので、トレードには必須のアプリといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です