フォルスクラブが喉に詰まったら消費者センターに相談するのか

「フォルスクラブが喉に詰まってしまった場合」

フォルスクラブをもし喉に詰まらせてしまった場合は、どのように対処して良いのかを考えてみたいと思います。まず喉に何かが詰まってしまった場合に相談する時に、真っ先に思いつくのが医療センターのような機関でしょう。しかしパニック状態であった場合は、判断の誤りもありますので消費者センターや給食センターが思いつくかも知れません。
そのようなケースを想定して、消費者センターやフォルスクラブの事を事前に知っておいたほうが役に立ちますので確認しておきましょう。

「フォルスクラブが喉に詰まる事はあるのか」

まずフォルスクラブの事をおおまかに理解すると、様々な学習システムを提供する企業が提供しているWEB上のサービスというイメージです。学習と言えば現代では幅広い世代が取り組んでいますので、お子様世代の学生はもちろんの事、生涯学習として年配の世代も幅広く学習に参加している傾向があります。
年配のお年寄り世代で問題視されているのが、毎年のように発生してしまうお餅を喉に詰まらせてしまう事故です。しかしフォルスクラブという物は食べ物ではありませんし、口に入れるという場合はありませんので喉に詰まらせてしまう事も考えにくいです。しかしながらどのようなシーンも想定しておくのが危機管理能力にも関わってきますので、フォルスクラブが喉に詰まった時の相談先も知っておく事が大事です。またお子様が興味本位で教材の一部を飲み込んでしまうという事例も想定されますので、念には念を入れて検証しておく事も必要となります。

「消費者センターへの相談は有効的なのか」

それではフォルスクラブを喉に詰まらせた時に、消費者センターに相談するというのは正しい判断なのでしょうか。消費者センターは医療機関ではありませんし、食べ物を扱う知識も持ち合わせていないでしょう。
おそらく消費者センターに相談しても、適切な対処が行われずに消費者センター内をたらい回し状態になって危険度が高まる可能性もあります。これらの事例を考察してみると、やはり消費者センターに相談するのは適切ではないと行っても良いでしょう。

「給食センターと消費者センターならどうなのか」

では先述の給食センターのケースではどうでしょうか。給食センターであれば食物の知識はもちろん豊富にありますので、どちらかというと消費者センターよりは期待できそうです。しかしフォルスクラブを喉に詰まらせるとしたら教材の紙や、DVDなどといった物ぐらいになりますので、給食センターでは対処できない物質かも知れません。なぜなら食べ物では無いためで、普段いくら多種多様な給食を作っているプロであっても対応は難しくなるでしょう。
フォルスクラブを喉に詰まらせるという事がもしあった場合に、給食センターや消費者センターでは適切な対応は難しいと言わざるを得ません。究極の選択のようにどちらかを選ばなければならないのであれば、消費者センターよりも給食センターを選択するのが得策なのではないでしょうか。

.

とまぁジョーダンはさておき、何か物が喉に詰まったら普通に119や7119(救急センター)に電話を掛けましょう。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です