フォルスクラブはマルチ商法や仮想通貨と同じく今注目されている話題なのか

フォルスクラブは吉田智雄氏が2002年に設立した企業です。

当初はテキストやCDを教材にした通信教育を行う企業として事業展開し、その後に2007年からパソコンを使ったインターネットラーニングでの学習に主軸を移してまいりました。
インターネットラーニングのメリットは双方向性とリアルタイムの更新速度です。 テキストによる通信講座は、質問や添削などに対するタイムラグが多い為に即時性が決して早くはありません。その点インターネットを利用すれば分からない質問は即時に回答出来ますし、テストを送付しても短時間で答え合わせが出来るのです。
吉田智雄氏は当初からパソコンによる利点を活かしながら、通信教育を充実させてゆきたいと考えておりました。しかしパソコンが一家に一台まで普及した2000年頃は通信速度が遅く、またデーターの料金が裁量性などで高価だったためにラーニングはパソコンでは現実的に採用出来なかったのです。

通信料金が一定になりしかも以前よりはるかに安くなり、その上で通信速度が飛躍的に上がったのが2007年前後でした。吉田智雄氏はやっとパソコンによるインターネットラーニングが行える時代が来たと素早く行動し、手探りで独自のラーニングシステムを社内で展開し始めました。そしてテキストにより通信教育講座から、インターネットによるラーニングシステムへの移行を促進したのです。
フォルスクラブ マルチ商法と言われてしまうのは誤解があります。創業当初低い料金体系で良質なサービスを提供するには、広告費をなるべく抑えることが急務でした。そのために既存会員の口コミを重視しました。その結果がフォルスクラブ マルチ商法と呼ばれてしまったのです。フォルスクラブ マルチ商法ではないのですが、この口コミのシステムが誤解を呼んでしまったことは多分にあるのでしょう。良いサービスを知人に紹介したいという思いは、ともすると過剰な熱意に変化し強引さに繋がってしまいます。フォルスクラブ マルチ商法と呼ばれてしまった経緯はこの熱意が空回りしたことが原因です。フォルスクラブ マルチ商法という事実があるのならば、2002年に操業して現在まで続けることは出来ません。逆説的にフォルスクラブ マルチ商法ではないからこそ現在も事業を継続し、新たなラーニングシステムで講座を展開しているのです。

現在は楽しんで学べる英会話などと共に、中高生の予習や復習や受験対策まで幅広いカリキュラムを展開しています。子供から大人まで楽しめて入会費と月会費で5人まで利用出来るために、家族単位で学習しているケースも少なくはありません。
フォルスクラブ マルチ商法と呼ばれた経緯は宣伝費を抑える口コミ手法にありましたが、デジタルツールが発達した現代ではフォルスクラブ マルチ商法という言葉は死語になりつつあります。明朗な料金体系と低い利用料はユーザーの支持を受けて、ネットから会員になる人が現在では大半になっております。
フォルスクラブは多角的な経営を行い、教育産業だけではなく仮想通貨なども展開する企業になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です