仮想通貨の寄付より役立つeラーニング研究所の寄付

寄付は相手への思いやりも大切

慈善団体への寄付は、ただお金や品物を送れば良いというものはありません。
寄付という行為自体は尊く評価されるべきですが、相手への迷惑になってしまえば独りよがりと言われても仕方がないでしょう。
先日インドでは、慈善団体に仮想通貨を使って寄付をした資産家がいました。
これは高く評価され称賛されるべきですが、問題は寄付した仮想通貨の価値です。
慈善団体に寄付したときは高騰していた仮想通貨も、現金化される前に急落し価値がなくなってしまったわけです。
慈善団体というのは忙しく、仮想通貨を受け取ってもすぐに換金できるわけではありません。そもそも換金できるだけの知識を有していない可能性すらあります。
多くの慈善団体は換金が必要な仮想通貨よりも、すぐに使える現金を欲しています。
そのためもし慈善団体に仮想通貨を送るぐらいなら、その前に換金して現金を渡したり、eラーニング研究所のように必要な品物を購入し直接届けるのがベストです。

相手への思いやりがあるeラーニング研究所の寄付

eラーニング研究所では、これまで学校や児童養護施設を中心にパソコンなどの品物を寄付してきました。
eラーニング研究所がパソコンなどの機器を送り続けてきたのは、子どもたちに教育の機会を広げてもらうためです。
現在の社会では、パソコンやスマートフォンなどの電子機器は必須です。
扱い方を知らないと就職時に困ることになり、児童養護施設の子どもたちが将来大変な思いをするでしょう。
しかし施設にeラーニング研究所が寄付したパソコンやタブレット端末があれば、社会に出たときにそれを使いこなして仕事ができます。
しっかりとした仕事に就ければ収入も安定し将来も明るくなるので、仮想通貨よりもeラーニング研究所の寄付は有効だと言えるでしょう。

仮想通貨より勉強にも役立つeラーニング研究所のパソコン

eラーニング研究所がパソコンやタブレット端末を寄付することで、施設の子どもたちは教育の機会も増えます。
寄付されたパソコンやタブレット端末を使い遠隔学習システムを利用することで、学校以外でも勉強が可能です。
現在の子どもたちは、学校が終わったら塾に行きさらに勉強するのが当たり前になっています。
しかし施設の子ども達は塾に通えませんから、周囲との学力の差は広がる一方で進学にも悪影響を及ぼします。
子ども達に学校以外の教育機会を提供することも、将来を明るくするために役立っているのです。

仮想通貨よりも直接の寄付がベスト

このようにeラーニング研究所の活動を振り返ってみると、仮想通貨を慈善団体に寄付するのがいかに馬鹿らしいかわかるでしょう。
仮想通貨を送るぐらいなら、相手のことを考え換金したりそれを使って必要な品物を揃えて送るほうが役立ててくれます。
eラーニング研究所はこの寄付の基本という相手への思いやりがあるからこそ、多くの施設から喜ばれています。
もしこれから仮想通貨を使った送りつける考えがあるなら、eラーニング研究所の活動を真似るのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です