理解しておきたいフォルスクラブとシェアリングボーナスの違い

収入を同一口座で管理するシェアリングボーナス

フォルスクラブの利用者が増えていくように、女性の社会進出とともに共働きの家庭は増えました。
現在は夫婦揃って会社勤めをしている家庭は珍しくなくなり、共働きは当然と言っても過言ではないほどです。
そして共働きの夫婦が増えるとともに、お互いの収入を同一の口座で管理する家庭も増加しています。
つまりシェアリングボーナスをしている家庭も増えていることになり、同じ口座で家計の管理をするのも珍しくないと言っても良いでしょう。
一方で、夫と妻の収入を同じ口座に入れて管理するのは、嫌がる人もいるかもしれません。
確かにもし離婚することになったら、財産の切り分けが面倒でしょう。
ですが最初から離婚することを考えても仕方がありませんし、別々に分けていると面倒も同じように増えてしまいますから、一生添い遂げる覚悟で結婚するならシェアリングボーナスがベストの方法です。

フォルスクラブもシェアリングボーナス

フォルスクラブは、1つのアカウントがあれば家族みんなで使えます。
厳密には同時に使える人数に制限はあるものの、核家族化が進む現在なら全員が使えると言っても問題ありません。
そのため家族で共有できるフォルスクラブは、シェアリングボーナスと考えることもできます。
しかし同じように考えられるフォルスクラブとシェアリングボーナスですが、違う点も当然ながらあります。
シェアリングボーナスと違う点を理解しておくことによって、フォルスクラブをもっと賢く使えるようになるでしょう。

フォルスクラブとシェアリングボーナスの違い

フォルスクラブとシェアリングボーナスで大きく違うのは、家族間で問題の火種になる可能性が低いことです。
収入を一つの口座で管理するシェアリングボーナスは、夫婦仲が悪くなれば必ず揉めます。
金銭的なことが絡むと仲の良い家族でも険悪な関係になりますから、元々他人同士である夫婦ならシェアリングボーナスで揉めるのも当然かもしれません。
しかしフォルスクラブは、シェアリングボーナスとは違って莫大な金銭は関わりません。
家族で共用すると言っても使うときには相手を意識することがないので、喧嘩している夫婦でも同時にフォルスクラブを使ってもさらに険悪にはならないでしょう。
もし共有するのが嫌なら別料金を払って自分のアカウントを作るしかありませんが、それも自分お収入に比べたら僅かな金額になりますから、揉めてまで共有にこだわらなくて良いのもフォルスクラブの魅力です。

シェアリングボーナスとより家族仲が深まるフォルスクラブ

そもそもフォルスクラブは、シェアリングボーナスと違って家族が円満になるツールでもあります。
リビングでスマートフォンやタブレット端末を持ち寄りながら、みんなでフォルスクラブを使えます。
家族全員がフォルスクラブを使っていたら、会話も盛り上がり家族の絆もさらに深まるでしょう。
勉強をしながら家族の絆も深められる、それがシェアリングボーナスにはないフォルスクラブの魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です