マルチ商品化したいイーラーニング研究所のイグモン

巷で人気を集めるマルチ商品

一時期、シンプルな機能だけを搭載した商品が人気を集めました。
具体的には家電製品の分野で、近年のテレビや電子レンジなどは多機能化が進み、フォルスクラブのようにさまざまな機能が搭載されています。
ですが実際に購入して使用するのは、テレビなら電源を入れてチャンネルを回すだけですし、電子レンジなら簡単な温めだけでしょう。
搭載されている機能をすべて使いこなす人は稀であり、無駄な多機能化は操作が複雑になり混乱するだけです。
そこでテレビなら放送されている番組を観るだけ、電子レンジなら温めだけの単機能商品が増えました。
家電以外にも単機能商品は広まりあらゆる分野に広がりましたが、その一方で再びマルチ商品に注目が集まっています。

現在人気を集めるマルチ商品とは

しかし現在人気を集めているマルチ商品は、かつてのような多機能商品ではありません。
たとえばサイズ展開が豊富な衣服やマルチにビタミンを摂取できるサプリなど、バリエーションを豊かにしていると言ってもいいかもしれません。
こうして注目度が高まると、イーラーニング研究所でもマルチ商品できないかと考えたくなるものです。
もしイーラーニング研究所でも人気のマルチ商品ができれば、いまよりもっと人気が出る可能性があります。

イーラーニング研究所のイグモンでマルチ商品

イーラーニング研究所の看板商品といえば、スマホアプリのイグモンです。
イグモンは小学生向けの英語学習アプリとして人気があり、英語が苦手でも楽しく学べると評価されていたり、単純にゲームとしても面白いとレビューでも好評です。
これだけ人気があるイグモンをマルチ商品化できれば、間違いなく話題になりユーザーは増えるでしょう。
ユーザーが増えるとイーラーニング研究所も儲かるので、願ったりかなったりです。
ですがイーラーニング研究所のイグモンをマルチ商品化するのは、かなり難しいと考えられており簡単に対応できない事情があります。

合法的にはマルチ商品ができないイーラーニング研究所のイグモン

ゲームをマルチ商品化するときにまず考えるのは、通信機能を搭載したマルチプレイでしょう。
離れた場所にいる友達と同じゲームを遊ぶのは楽しいので、マルチプレイができるようになるとますますプレイしたくなります。
しかしイーラーニング研究所のイグモンには、通信機能が搭載されていません。精々、フレンドからイグモンを借りるだけです。
定番の通信交換もできないゲームシステムなので、マルチプレイ化には期待できないでしょう。
また違法ではありますが、遊んでいるイグモンのアカウントを別の人に売るマルチ商品化の道もあります。
しかし違法なのに1回売ったら終わりで2回目以降は垢売りはできないので、これもマルチ商品化とはいえません。
残念ながら現時点ではイーラーニング研究所のイグモンはマルチ商品化できないので、素直に英語を学ぶために遊びましょう。
毎日遊んでいれば英語力がアップして、学校での成績も向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です