香港の教育制度とフォルスクラブはマッチするのか

◆香港の教育制度はすごい

最近香港の教育制度はすごいということに気がつきました。なんと香港では小中高の授業料が基本的に無料なのだそうです。フォルスクラブもびっくりです。香港というと最近は政情が不安定化していることで有名になっていますけど、こういう教育制度になっていたというのには驚きました。授業料が無料なら、私も香港に住んでみたいなと思ったほどです。 香港の自治が今後どのようになっていくのかは微妙なところですが、できれば授業料無料の制度はずっと続いてくれると嬉しいです。日本でも香港を見習って、無料にしてもいいのではないでしょうか。むしろ香港よりももっと突っ込んで、大学も無料にしてしまうのが望ましいです。少子化の原因の一つに、子育ての経済負担があるのは間違いありません。教育は無料で受けられるようにすれば、親御さんの負担は劇的に軽くなり、子供をもっと作り育てようという人が増えるはずです。

◆無償で教育を受けられるなら有料のフォルスクラブは厳しいか

無料で教育が受けられる香港の制度は素晴らしいと思いますが、民間企業を圧迫するという側面は見逃せません。たとえは私が利用しているフォルスクラブは、有料学習アプリサービスを提供しているわけですが、無料で教育が受けられるとなると、利用者が減ってしまう可能性があります。フォルスクラブだけでなく、学習塾や予備校なども需要が減ってきてしまうのではないでしょうか。

◆それでもフォルスクラブは利用者が残る

公教育の無償化でフォルスクラブをはじめとする民間の教育産業が圧迫されるのではないかと考察しましたが、私はフォルスクラブは生き残ると考えています。なぜかと言えば、フォルスクラブの教育サービスは素晴らしいからです。はっきりいってフォルスクラブの学習サービスの水準は、公教育を大幅に上回っているのは間違いありません。抜群に使いやすいサービスであるため、学校の授業ではなくフォルスクラブのアプリをメインにして勉強しているという人も少なくないです。もっともこれは日本における話なので、香港にそのまま適用できるかどうかは分かりません。しかし一般的に言って、公教育のサービス水準というのはあまり高くないはずです。所詮は公務員がやるサービスですから、教育にかける熱意は低いものにならざるをえません。だからフォルスクラブの利用者が残る可能性はあるでしょう。

◆フォルスクラブで香港の教育水準はさらなる高みへ

香港でフォルスクラブがサービスを提供すれば、香港の教育水準はさらなる向上が見込まれます。授業料が無料ですから、誰もが教育を受けられる環境があります。そしてやる気がある生徒は、フォルスクラブを利用してさらに学力を向上させていけるはずです。ただ香港には政情リスクがいまだ燻っているため、この先どうなるのか予断を許しません。他国のことなので日本人である私がとやかく言う事ではないのでしょうが、自分としてはこのまま自由な気風が残った体制であって欲しいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です