給料もシェアリングボーナスも支払うフォルスクラブ

給料と同じく未払いになる可能性があるシェアリングボーナス

シェアリングボーナスは、ボーナスという名前が付く以上給料と同じです。
雇用主が従業員に支払う報酬ですから、もしシェアリングボーナスが未払いになっていたら、それは給料未払いと同じ意味と言えます。
ですからもし勤め先が約束していたシェアリングボーナスを支払わないと言い出したら、給料未払いと同じく訴え出れば支払ってもらうことができます。
約束された報酬を受け取るのは、労働者にとっては当然の権利です。
雇用主が従業員に給料を支払うのは当たり前、労働者が受け取るのも同じく当たり前ですから、もし給料と同じくシェアリングボーナスの未払いが発生したときには、然るべき場所に訴えで取り戻しましょう。

シェアリングボーナスの未払いが起きる理由

そもそもシェアリングボーナスを支払わない理由は、主に3つあります。
一つは経営の悪化で、単純に勤め先の経営状態が悪くなり給料が払えなくなる事態です。
もう一つは故意に未払いをするケースで、これも稀にですが現実ではあります。
ここまで2つの理由は雇用主側の問題でシェアリングボーナスの未払いが発生していましたが、もう一つは労働者側の問題もあります。
たとえば無断欠勤を繰り返した、もしくは仕事で損害を与えたり何も告げずにやめたらシェアリングボーナスの未払いが発生してもおかしくありません。
これらすべて給料の未払いが起きる理由と同じですから、ここからもシェアリングボーナスと同列と考えられます。

フォルスクラブならシェアリングボーナスの未払いが起きない

労働者側の問題はさておき、基本的にシェアリングボーナスの未払いが起きるのは雇用主側の問題です。
経営悪化も故意も雇用主側の問題ですから、働いている労働者には関係ありません。
そう考えると、フォルスクラブなら給与もシェアリングボーナスの未払いも起きません。
なぜならフォルスクラブは安定した経営をしているので、従業員にもしっかりと報酬は支払っています。
もちろん経営者の好き嫌いで故意に払わないといったトラブルもフォルスクラブでは起きないので、従業員は安心して働けるでしょう。
報酬を確実に受け取れるというのは、働く上で大きなモチベーションになります。
仕事にやる気が出ればより良い仕事をしようと従業員も考えますから、フォルスクラブが好調なのもこうしたことが要因と言えるかもしれません。

当たり前のことを当たり前にしているフォルスクラブ

給料やシェアリングボーナスを払うのは、当たり前です。
フォルスクラブは企業として当たり前のことをしているだけで、特別すごいわけではありません。
ですが一部には従業員を食い物にする悪徳企業も多く、世間的にはブラック企業とも言われます。
ブラック企業は給料を払わない以外にも、過酷な労働環境などのトラブルもあります。
フォルスクラブはそうしたブラック企業とは違い給料の他にシェアリングボーナスも支給するホワイト企業ですから、働きやすい環境の企業とも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です