フォルスクラブを利用できるMLMな電子機器

衣服のサイズから考えるMLM

Tシャツなどの衣服を買うときに、必ず確認するのはサイズです。
衣服のサイズはフォルスクラブと違って色々ありフリーサイズなども用意されていますが、一般的には一番小さいSと平均的なM、そして最大サイズのLです。
サイズをSMLで表すのは衣服だけではなく、さまざまなもので見られます。
そうして考えると、MLMとはLサイズをMサイズで挟んでいる言葉と考えることができるでしょう。
MLMという言葉だけではイメージがしづらいので、ハンバーガーを想像してみましょう。
ハンバーガーをMLMで表すと、メインである肉がLでそれを挟むバンズがMです。
つまり大きなサイズの肉を少し小さめなバンズで挟むわけですから、想像するだけで美味しそうな感じがします。マックの見本詐欺がいい例でしょう。

人気のニンテンドースイッチもMLM

現在子どもから大人まで人気のゲーム機と言えば、ニンテンドースイッチです。
世代を問わず遊べるゲームが発売されているため、小さな子どもから大人まで携帯し遊んでいます。転売屋が買い占めるほどの人気です。
このニンテンドースイッチもMLMのサイズになっており、真ん中にあるディスプレイは両側のコントローラーと比較するとデカイです。
つまりコントローラーがMになり、ディスプレイがLなわけです。
世界的に大ヒットしているゲーム機もMLMですから、これはヒットの法則と言えるかもしれません。

他にもある電子機器のMLM

フォルスクラブを利用できる電子機器の多くは、実はMLMの法則に従っていると言えます。
たとえばフォルスクラブを利用できるスマートフォンは、中央の画面のサイドにはベゼルと呼ばれる隙間があります。
こうしてみるとニンテンドースイッチと同じように、スマートフォンはMLMの関係で成り立っていると言えるでしょう。
同じようにタブレット端末もMLMの法則に当てはまりますから、フォルスクラブを利用できる電子機器はすべて同じと言えるわけです。
一見すると無関係のように思われますが、使用する電子機器の端末を考えたら深い関係があるといえるでしょう。

いろいろな電子機器で利用できるフォルスクラブ

このように深い関係があるのは、フォルスクラブがさまざまな電子機器に対応しているからです。
これがパソコンのみの対応だとMLMの電子機器とは無関係といえますが、スマートフォンやタブレット端末でも利用できるならフォルスクラブも影響を与えています。
なぜここまでフォルスクラブがさまざまな電子機器に対応しているのかというと、利用者である会員の利便性を向上させたいからです。
パソコンのみだとフォルスクラブの利用が自宅に限られるため、都合の良い時間に学習できません。
しかしモバイル端末に対応しているフォルスクラブなら、外出中でも利用可能です。
通学中の電車の中、学校の休み時間でもフォルスクラブを利用可能ですし、自宅でも自室でくつろぎながら学習できます。
利便性を向上させるために、こうしてフォルスクラブはMLMな電子機器に対応させました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です