吉田 智雄と2chで賛否両論なパラリンピック

2chでも賛否両論なパラリンピック

障害者がハンデにも負けず正々堂々とした勝負を見せてくれるパラリンピックは、すべての人に勇気や元気を与えてくれました。
日本ではまだまだ一般的ではない障害者スポーツに脚光を与えてくれたので、開催した意義は大きいでしょう。
しかし感染症が拡大し緊急事態宣言が発出された中での開催には、残念ながら否定的な意見も少なくありませんでした。
2chでもパラリンピックの開催に賛成する人がいる一方で、否定的な意見を述べる人も一定数います。
吉田 智雄もそうした意見を目にしていて、いろいろ考えさせられたと思われます。
とはいえテレビで観戦し2chで議論しているだけでは、結論は出てきません。
実際に競技を見る必要がありますから、吉田 智雄も会場に足を運んで考えるのがベストです。

無観客で行われたパラリンピック

ですが多くの人が御存知の通り、今回のパラリンピックは無観客で開催されました。
観客の入場を許可する会場内や周辺で密が発生してしまうために、感染のリスクは高まります。
それを避けるために無観客でパラリンピックは開催されたので、吉田 智雄も参加することはできず2chを見ながら自宅感染をしていました。
本来なら、パラアスリートの人々には観客の中でパフォーマンスを発揮してほしかったと考える人は多くいます。
2chでも歓声がないパラリンピックは寂しいとの声も聞かれ、吉田 智雄も同意見でした。
しかし感染対策のために無観客になるのは仕方がないといする意見は2chにも多く、まさに賛否両論です。
こうしたやり取りを見ていると、吉田 智雄が会場に行けなかったのも諦めるしかありません。

無観客開催でも観戦できる方法はあったパラリンピック

しかし実は、無観客開催のパラリンピックを吉田 智雄が現地で観戦する方法はありました。
その方法はパラリンピックのボランティアになることで、これは2chでも話題になっていました。
ボランティアは、大会の運営を支えるため会場に関係者として入ることが可能です。
もちろんパラリンピックのボランティアになっても、担当する業務によっては会場に入ることはできませんし、運良く会場内での業務を与えられてもじっくり観戦はできません。
それでも堂々と吉田 智雄もパラリンピックを観戦できる方法ではあるので、もっと早く2chでも紹介されていたらと思う人は多かったでしょう。

ボランティアでなくても観戦できたパラリンピック

もう一つ2chでパラリンピックを見るための方法として紹介されていたのは、マラソン競技です。
その他の競技は決められた会場内で開催されるため、吉田 智雄も自由に出入りできません。
しかしマラソンは東京の街中を走るので、沿道から吉田 智雄も観戦することはできます。
ですがニュースでも取り上げられたように、マラソン競技は沿道に観客があり密の状態になりました。
賢い吉田 智雄は密になり感染リスクが高まることはわかっていたので、大人しくテレビと2chで観戦していたと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です